犬の無駄吠えの原因☆簡単犬のしつけ

犬の無駄吠えの原因



はもともと吠える動物なので、吠えること自体は問題行動ではありません。
しかし、ちょっとしたことで吠えたりいつまでも吠え続けていては、
飼い主だけではなくご近所にとっても迷惑になります。

吠える大きさや頻度は犬の種類によって差はあります。
例えば、ゴールデンレトリーバーよりもビーグルの方がよく吠えるのが一般的です。 しかし、ビーグルよりも吠えるゴールデンレトリーバーもいれば、あまり吠えないビーグルもいます。



犬の無駄吠えは環境

無駄吠えは育てられた環境に大きく影響されます。
外で飼われつながれたままの犬は、ほとんどが過剰に吠えるようになります。
これは、つながれて運動もできず他にすることがないため吠えるのです。

愛犬を散歩させず運動不足が無駄吠えを作りだしているといえます。

家の中で飼われている愛犬は大丈夫かというとそうではありません。

室内で飼われていると外の様子がわからないので、
音などちょっとした刺激を吠えるようになります。
これは、外のことを調べることができないからです。

そのほかにも、生まれてから早い段階で親や兄弟から引き離されることも
無駄吠え原因になることがあります。

成長する過程で愛情や刺激が少ない子犬は情緒不安定になります。

そのため、臆病になり周りに少しの変化が起きても過剰に反応するようになります。 また、臆病になっていると人や犬に対して警戒心が強くなりすぐに吠えるようになります。

犬の間違った無駄吠えのしつけ

愛犬が吠えると、吠えないよう抱っこしたり体をなでたりしますが、愛犬にとってみれば褒められていると受け取るので逆効果になります。

ではどうすればいいのか?

吠えて興奮している愛犬には「おすわり」「ふせ」が効果的です。
ただし、吠えるのを止めて言う通りにしたら必ず褒めることを忘れないでください。
吠えるのを止めることが褒められると学習させます。