犬の鼻の能力(嗅覚)☆簡単犬のしつけ

犬の鼻の能力



犬の鼻(嗅覚)能力は優れており、
実に人間の嗅覚の100万倍ともいわれています。

しかし、すべのニオイに対して100万倍かというと違います。
対象物によって嗅覚の倍率は変わってきます。

ニンニクのニオイであれば2000倍で、
肉や脂であれば1億倍も優れているという研究結果があります。

臭覚測定装置などで、人間の汗の成分のひとつ酢酸に対しては
人間の100万倍以上も鋭いという報告があります。



犬と人間の嗅覚の違い

人間と犬では嗅覚細胞の数にも大きな差がありす。
人間の嗅覚細胞は約500万個に対して、
ダックスフンドでは約1億2千万個、
シェパードでは約2億2千万個、
臭覚ハウンドのブラッドハウンドでは約3億個
の臭覚細胞があります。

また、人間はいろんなニオイを一緒に嗅ぎますが、
犬にはニオイを階層化することができます。

階層化とは、たくさんあるニオイから邪魔なニオイを遮断して目的のニオイだけを嗅ぐことができる仕組みです。

ただニオイに鋭いだけではなく、様々なニオイが混じっている中から
特定のニオイだけを嗅ぎ分けることができるのです。

犬の嗅覚は犯罪捜査に大活躍

例えば、麻薬探知犬は旅行カバンに麻薬を隠して香水をふりかけたり、
汚れたタオルなどで覆うっても見つけ出すことができます。

さらに優れた犬は、麻薬を入れたプラスチック容器を車の燃料タンクに入れた物まで見つけるといいます。

そのほかにも、犬は人間一人一人のニオイを嗅ぎ分けるだけではなく、
訓練によって肘や手などそれぞれの体の場所のニオイも嗅ぎ分けることができるといわれています。

この犬の鼻の能力は、犯罪捜査で大いに役立ちます。