犬の味覚☆簡単犬のしつけ

犬の味覚



味覚があまりわからないと言われることがありますが、
実際はどうなのでしょうか。

にも人間と同じように味覚を感じる味蕾という細胞があります。
しかし、人間と犬の味蕾の数を比較してみると
犬は人間の5分の1程度しかありません。

また、ペットして人気のある猫はさらに味蕾は少なくなっています。



犬と人間の味覚の違い

人間と犬では味蕾の細胞の数には大きな違いがあります。

人間 9,000個
1,700個
 500個


味蕾の細胞の数以外にも、
「甘味・塩味・酸味・苦味」という4つの味を人間は識別できますが、
犬は塩味に対する反応が鈍くなっています。
また、猫も犬と同じように塩味に対しては鈍くなっていまうす。

肉食の動物が塩味に対して鈍感なのは、
肉には天然のナトリウムがバランスよく含まれていることが関係しています。

つまり、犬は塩味にいちいち敏感に反応していては
肉を主食にはできないということです。

犬の味蕾

犬の味蕾は「甘味・塩味・酸味・苦味」だけではなく、
特別な味蕾が備わっています。
それは、肉や脂肪などに関連する科学物質に反応する味蕾です。

だから、犬は肉や肉から抽出したエキスの入ったペットフードを好んで食べるのはそのためです。

犬は、味のないペットフードに肉のニオイをつけても関心は続かないといわれていますので、ニオイを優先して食べているわけではないのです。

犬の好みは、ニオイだけではなく味や歯ざわり、舌ざわりなど
総合的に判断して決めています。

そのため、犬に与える食事は
「ニオイ・味・歯ざわり・舌ざわり・栄養素」
の5つが揃ったペットフードが最適といわれています。

味蕾は約10日間で新しい細胞と入れ替わりますが、
年をとるごとに細胞の再生能力が低下していきますので、
老犬になると味は次第にわからなくなっていきます。