犬がリードを引っ張る理由☆簡単犬のしつけ

犬がリードを引っ張る



愛犬が飼い主を無視してリードを引っ張るのは、自分が先に行くことで飼い主よりも優位に立ちたいからということがよくいわれます。

しかし、この考えは犬の服従と支配の論理ということからいわれており
多くの方が勘違いをしています。



犬がリードを引っ張る理由

では、犬がリードを引っ張る本当の理由は何かというと、
・早く目的地に行きたい
・解放感
・人より歩くスピードは速い

という、とても単純な理由なのです。

犬にとって苦痛なことは、
鎖に長時間つながれていたり、部屋で一人で留守番していることです。

散歩になると苦痛から解放されるので、
うれしさのあまりどんどん先に進もうとするのです。
犬がリードを引っ張るのは支配や服従の論理ではなく興奮によるものです。

これは、人間でも同じことがいえます。
子供を遊びに連れていくと、親の注意を無視してどんどん前に走っていきます。

飼い主の行動パターン

もう一つ愛犬がリードを引っ張る理由に、

愛犬がリードを引っ張ることで
飼い主がついてくるという行動パターン
を、意識的につくり出していることがあります。

飼い主は何もできずに引っ張られるだけです。

犬の立場からみれば、ついてくる飼い主の行動はご褒美と一緒なのです。
引っ張ることが良いことだと認識し、リードの引っ張り癖がつきます。

普段、放し飼いにしている犬はリードをつけて散歩させても引っ張らないそうです。 これは、いつも解放されているためだといえます。