犬が咳をする・息が荒い☆簡単犬のしつけ

犬が咳をする・息が荒い



をする病気は様々ありますが、
風邪をひいて喉にの近くが炎症を起こした場合が最初に考えられます。

そのほかにも気管支に炎症が起こる気管支炎、
肺まで炎症が拡がる肺炎などがあります。

ここでは、をしたり息が荒い場合の原因と病気を紹介しています。



犬が咳をする

咳が出るのは何も呼吸器に異常がある場合だけでなく
心臓に異常がある場合や呼吸器周辺の肋骨を骨折したり、
胸を打撲した場合でも咳はでます。

心臓の働きが低下すると肺に送られる血液の循環が悪くなります。
そのため、気道に血液中の水分が漏れるので、
咳をして外に水分を出そうとします。

これは、フィラリアが心臓に寄生したときにも同じ症状がでます。

咳が弱ければ病気も大したことないと思いがちですが、
重病になると咳をする力もなくなるので、
咳が弱い場合でも重病の可能性があるので注意してください。

ゲホゲホと咳をする
呼吸器以外の症状がなく、ゲホゲホと乾いた激しい咳が続く場合は
感染症のケンネルコフの可能性があります。

ゴホンゴホンと咳をする
ゴホンゴホンと湿った咳をする場合は気管支炎の可能性があり、
症状が悪化すると呼吸困難になりゼーゼーと苦しそうな息になります。

コホコホと咳をする
コホコホと乾いた咳た続く場合には、心臓病やフィラリア症の可能性があります。

ケホケホと咳をする
ケホケホと弱い咳をする場合は、肺の機能が弱まる肺炎が考えられます。

犬の息が荒い

様々な原因で息が荒くなりますが、
症状によって原因が違ってきますのでどのような病気があるか紹介します。

息が荒く激しい咳をする場合
気管支炎や感染症が疑われますので病院で診察を受けましょう。

息が荒く弱々しい咳をする場合
肺炎が疑われますので早急に病院で診察を受けましょう。

息が荒く貧血症状がある場合
寄生虫に感染したり脊髄の病気になっていることが疑われますので
早急に病院で診察を受けましょう。

息が荒く39.5度以上の熱がある場合
伝染病や感染症が疑われますので早急に病院で診察を受けましょう。

息が荒く夏の散歩後にぐったりしている場合
日射病や熱射病が疑われますので、
体を冷水で冷やし動物病院に連れていきましょう。