犬の皮膚病・アレルギー性皮膚炎☆簡単犬のしつけ

犬の皮膚病・アレルギー性皮膚炎〜フケがでる・毛が抜ける



アレルギー性皮膚炎原因
犬にも人間と同じようにウイルスや細菌などから身を守るための
免疫機能があります。

そのため、愛犬にもダニやほこりなどに過剰に反応し
アレルギー症状を起こします。

アレルギー性皮膚炎には、
アレルギーの原因となるアレルゲンに触れることで起こる接触性皮膚炎や、
ノミが原因となるのノミアレルギー性皮膚炎
食べ物が原因となる食物性アレルギーがあります。



犬のアレルギー性皮膚炎の症状

アレルギーの原因となるダニやほこり、花粉などのアレルゲンを
鼻や口から吸い込むことで起こるアレルギーがアトピー性皮膚炎です。

アレルギー性皮膚炎になると、湿疹ができたり赤く腫れることがあります。

また、かゆみが強いので絶え間なくかいたり噛んだり、舐めたりしています。
そのため症状が悪化し出血したり、皮膚が傷つき潰瘍ができたりします。

そのほかに、患部がジュクジュクしたり乾燥してフケのように
皮膚が粉をふくことがあります。
症状が悪化すると、被毛が薄くなったり脱毛してきます。

また、アトピー性皮膚炎や食物性アレルギーになると
外耳炎を併発することも多いので注意してください。

アトピー性皮膚炎の症状
足先やわきのした、お腹などにできやすく強いかゆみがります。
特に生後6ヶ月から3年の犬にかかりやすいようです。

食物性アレルギーの症状
頭や口、耳など頭部周辺に症状があらわれ、
若い犬か老犬がかかりやすいようです。

接触性アレルギー
アレルゲンとなる物質に触れることで症状があらわれますので、
全身のどこでも症状があらわれます。
特に首輪が原因となる場合が多く首のまわりに症状があらわれます。

これらの皮膚炎は症状が悪化すると全身に広がっていきます。

犬のアレルギー性皮膚炎の治療

愛犬の生活環境や食べ物である程度アレギー性皮膚炎の原因となる物質を
見つけることは可能です。

原因となる物質を取り除くことで症状はなくなってきます。

しかし、原因がわからなかったり、
ほこりやダニを完全に除去することはできないので、
抗アレルギー剤や抗炎症薬、かゆみを抑える薬を使います。