犬(ペット)鼻の病気 鼻炎☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)鼻の病気 鼻炎〜鼻水・くしゃみ・呼吸困難



犬の鼻炎の原因
鼻炎の原因は様々あり、
ウイルスや細菌に感染することで鼻の粘膜が炎症を起こします。

そのほかに、薬品や排ガスなど刺激臭のあるものや、
煙を吸い込むことでも鼻炎の原因になることがあります。

病気によっても鼻炎を引き起こすことがありあます。
鼻の内部に腫瘍ができたり、鼻の骨折、歯の根元が化膿することでも
鼻炎になります。



犬の鼻の病気 鼻炎の症状

鼻炎の初期症状は、水っぽい鼻水とクシャミがあらわれます。

症状が進むと粘りの鼻水になったり、濃い色の鼻水が出るようになります。
また、鼻水が絶えず出るので鼻の外側がただれることもあります。

そのほかに、鼻水と炎症で鼻腔がふさがれるので息がしにくくなり
口を開けて苦しそうに呼吸をします。

鼻炎をそのまま放置していたり、
長引いていると炎症が副鼻腔まで広がり副鼻腔炎になります。

副鼻腔炎が慢性化すると化膿し膿がたまり蓄膿症になります。

軽い鼻炎でも早めの治療をして、悪化させないように注意しましょう。

犬の鼻の病気 鼻炎の治療

細菌やウイルスなどによる軽い風邪であれば、
抗生物質や炎症を抑える抗炎症薬を使います。

病気が原因であれば、病気の治療を優先して行い、
アレルギーが原因なら愛犬の生活環境から原因となる物を取り除きます。