犬(ペット)の病気 分離不安・強迫神経症〜留守中吠える・物を壊す☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 分離不安・強迫神経症〜留守中吠える・物を壊す



犬の病気分離不安強迫神経症があります。

犬の分離不安や強迫神経症は、人間と同じように精神的不安やストレスが
原因になることが多いようです。
どちらも飼い主の努力にって解決することは可能です。

日頃から犬の健康に気をつけ、楽しい時間を過ごせるようにしましょう。

ここでは、犬の病気分離不安強迫神経症の原因と症状
治療法を紹介しています。



犬の病気 分離不安

分離不安の原因
分離不安の原因は、飼い主といつも一緒にいると依存心が強くなるためです。
精神的依存が強くなると、少しでも離れたり家に一人でいると
精神的不安が大きくなります。

分離不安の症状
分離不安の症状は、外出する前にソワソワしたり
後をついて離れないなどの行動をとります。

また、留守中など飼い主がいないときにかぎって吠え続けたり
家の中で暴れて物を壊したりオシッコやウンチをところ構わずします。

このような行動をするのは、外出して30分以内にすることが多いようです。

分離不安の治療
分離不安の治療は、愛犬に飼い主が外出することを
少しづつ慣れさせる行動療法を行います。

まずは、飼い主が外出などしても一人で留守番できるように外出するときには
玄関を出てもすぐに戻ったり、無言のまま外出するようにします。

これらを繰り返し行う行動療法が効果的です。

また、不安が強い場合は抗不安薬を併用して治療を行う場合もあります。

犬の病気 強迫神経症

強迫神経症の原因
強迫神経症の原因はストレスと考えらており
飼い主には意味不明な行動をするので困惑していまいます。

ひとりで長い時間留守番した時など、することがなくなって
偶然した行動がくせになるのではないかと考えられています。

しかし、はっきりした原因はわかっていません。

強迫神経症の症状
強迫神経症の典型的な症状は、自分の尻尾をいつまでも追いかけまわしたり
自分の体にかみついて傷つけることです。

そのほか、何もないのに何かを追いかけまわす行動をするなど
犬によって症状は異なっています。

強迫神経症の治療
強迫神経症の治療は、抗うつ剤を使い症状を和らげていきます。

発病のきっかけはすることがなく暇なことなので
飼い主は愛犬にストレスがたまらないように遊んだり触れ合う時間を
増やすことが大切です。

かまってやることで、ストレスもなくなり予防にもつながります。