犬(ペット)の病気 肺炎・肺水腫〜咳・呼吸困難・嘔吐☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 肺炎・肺水腫〜咳・呼吸困難・嘔吐



犬の病気に、人間と同じように肺炎肺水腫にかかることがあります。
どちらも肺の病気で呼吸困難などの症状があらわれます。
どのような病気でもいえることですが、早期発見・早期治療が大切です。

ここでは、犬の病気肺炎・肺水腫の原因や症状、治療法を紹介しています。

愛犬が健康に過ごせるためにも、日頃から健康チェックをしましょう



犬の病気 肺炎

肺炎の原因
肺炎の原因は、ウイルスや細菌、寄生虫などの感染症が悪化し
肺が炎症を起こすことです。

また、薬品や刺激性のガスを吸い込むことでも原因になる場合があります。

肺炎の症状
肺炎の特徴的な症状は、咳をすることが多くなり吐いたりします。
また、息をするたびにゼーゼーという呼吸音がします。
食欲がなくなる、運動を嫌がる、発熱といった症状があらわれます。

肺炎が悪化すると、体を横にすることができなくなったり、
皮下気腫という肺の中にたまった空気が皮膚の下に押しだされて
ぶくぶくと腫れた症状があらわれることもあります。

肺炎の治療
肺炎の治療は、炎症を抑えるために抗生物質の投与や、
薬を蒸気やガスにして吸入させる治療が行われます。

また、呼吸困難な場合は、酸素吸入が行われます。

犬の病気 肺水腫

肺水腫の原因
肺水腫の原因は、気管支炎や心臓病、薬品や刺激性のガスなどを
吸い込むことで肺の気管支や肺胞などに水がたまってむくみます。

そのほかに、薬品中毒で肺水腫が引き起こされる場合もあります。

水がたまると、空気の通り道の気管支や、
ガス交換をする肺胞がスムーズに行われないため息が苦しくなります。

肺水腫の症状
症状が軽い場合は、運動や興奮状態で咳が出たり、
呼吸が少し苦しくなる程度ですが、
症状が重くなると、呼吸困難になるので口を開けたまま息をしたり、
激しい咳をするようになります。

また、口を開けた状態なのでよだれを流した状態になります。

そのほか、うろうろと落ち着きがなく動き回ったり、
前足をばして楽な姿勢をとろうとします。

肺水腫の治療
肺水腫の治療は、肺にたまった水を取り除くために利尿薬を使います。
また、ひどい呼吸困難であれば酸素吸入が行われます。