犬(ペット)目の病気 白内障・緑内障☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)耳の病気 白内障・緑内障〜目が白・緑・赤・濁る



も人間と同じように目の病気白内障や緑内障になります。
症状も目が白く濁ったり、緑や赤に見えることがあるので
すぐに異常に気づくことができます。

ここでは、犬の目の病気白内障と緑内障について掲載していますので、
愛犬と楽しく一緒に過ごせるように、日頃から健康チェックはしましょう。



犬の目の病気 白内障

白内障の原因
白内障の原因は、ほとんどが老化によるもので
水晶体がタンパク質の変質によって白く濁ってくる病気です。

その他の原因として、
糖尿病やホルモンの異常、中毒やケガなどによっても白内障になります。

白内障の症状
白内障は水晶体が濁るので、外からの光を遮るので視力が低下していきます。
そのため、近くの物が見えにくいため物にぶつかったり、
よろよろと歩いたりします。

また、老化による白内障は症状がゆっくり進行していくので
年をとったからと思って気付かないことがあるので注意してください。

白内障の治療
病状が進行しないように内服薬が使われますが、治ることはありません。

水晶体の濁りがひどい場合には、
手術で水晶体を取り出し眼内レンズを挿入する治療が行われます。

犬の目の病気 緑内障

緑内障の原因
緑内障の原因は、
眼球内部の圧力の眼圧が高くなることで視神経が圧迫されるためです。

なぜ眼圧が高くなるかというと、
角膜と水晶体の間にある眼房という部位を満たしている房水が増えるためです。

緑内障の症状
目の色が緑色や赤色に見えることがあり、視力が低下していきます。
また、急に眼圧が高くなることで痛みが起き
攻撃的なることがあるので注意してください。

病状が進行すると眼球が大きくなり、
視神経や網膜が圧迫されるので視野が狭くなってきます。

最悪、失明することもありますので、
少しでも異常がある場合は診察を受けましょう。

緑内障の治療
緑内障の治療は、増えた房水の排出を促す利尿薬や
瞳孔を閉じさせる薬を使った治療が行われます。

また、手術によって
房水を排出するための房水流出路をつくる毛様体解離術などが行われます。