犬(ペット)鼻の病気 鼻炎☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)鼻の病気 鼻出血・鼻腔狭窄〜出血・鼻が鳴る



犬の鼻の病気鼻出血鼻腔狭窄について紹介しています。

鼻出血とは簡単に鼻血のことで、
鼻腔狭窄は先天性の病気で犬種によってよく見られる病気です。

愛犬と楽しく過ごすためにも、日頃から健康チェックは行いましょう。



犬の鼻の病気 鼻出血

鼻出血の原因
鼻出血とは鼻血のことで様々な原因があります。
鼻腔に原因がある場合は、頭や顔を強く打撲したり骨折によるものや、
鼻腔内に腫瘍ができることも鼻出血になります。

鼻腔以外に原因がある場合は、感染症や中毒、血液の病気が考えられます。

鼻出血の症状
出血の仕方は原因によって異なり、打撲などの場合は大量の出血があり、
病気による出血はだらだらと少量の出血があります。

また、痛みを伴うこともあるので鼻をこすったり、人に触られるのを嫌がります。

鼻出血の治療
軽いケガで出血しているのであれば、そのまま安静にしていれば治ります。

しかし、出血の量が多かったり、だらだらと出血しているようであれば
急いで診察を受け原因を特定します。

犬の鼻の病気 鼻腔狭窄

鼻腔狭窄の原因
鼻腔狭窄の原因は先天的な鼻の病気で
顔の短い小型犬のシーズーやパグ、ペキニーズによくみられます。

鼻腔狭窄の症状
普段の生活に支障がでることはありませんが、
鼻腔が極端に狭いため鼻がグーグーと鳴ったり、鼻水が常に出ます。

鼻の穴も見ただけで狭くなっているのが分かります。

運動をしたり興奮していると息が荒くなるので十分な呼吸ができずに、
酸欠状態になり舌が紫色に変色することがあります。

鼻腔狭窄の治療
日常生活に問題がなければそのままでも大丈夫ですが、
日常生活に支障が出る場合は、鼻の穴を広げる手術が行われます。