犬(ペット)目の病気 角膜炎・結膜炎☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)耳の病気 角膜炎・結膜炎〜目が赤い・まぶたが腫れる



犬の角膜炎・結膜炎の原因
角膜は黒眼を被っており、結膜はまぶたの裏側にあるため
外気と常に接触しています。
そのため、ホコリが目に入ったり、細菌やウイルスなどに感染することで
炎症を起こし、角膜炎や結膜炎になります。

また、ケンカや物にぶつかることでケガをしたり、
まぶたが内側に巻き込まれている眼瞼内反症になると、
常にまつ毛が角膜や結膜に当たった状態になります。

また、反対にまぶたが外側にめくれる眼瞼外反症になります。

すると、結膜が露出するので
ホコリなどの異物が目に入りやすくなることが原因になって炎症を起こします。



犬の目の病気 角膜炎・結膜炎の症状

かゆみや痛みがあるので、しきりに目のまわりをかいたりこすったりします。
また、涙がたくさん出ますので目の周りが汚れます。

角膜炎の病状が悪化すると角膜が白く濁り、さらに進むと目が赤くなってきます。
結膜炎はまぶたが腫れたり赤く充血します。

犬の目の病気 角膜炎・結膜炎の治療

ホコリなどの異物が原因の場合は、
その異物を取り除き炎症を抑える薬を点眼し、
細菌やウイルスに感染している場合は抗生物質の点眼や軟膏が使われます。

眼瞼内反症や眼瞼外反症の場合は、
まつ毛を抜いたり手術によって治療が行われます。