犬(ペット)感染症☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)感染症〜痩せる・興奮・嘔吐・下痢・血便



感染症には、
ジステンバー・ケンネルコフ・パルボウイルス感染症・コロナウイルス性腸炎
などがあります。

これらの感染症には、それぞれ特徴があり治療によって治るものや、
効果的な治療法がないものもあります。

また、場合によっては死亡する危険な感染症もあります。

愛犬と楽しく過ごせるように日頃から健康チェックをしましょう。



犬の感染症 ジステンバー

ジステンバーの原因
ジステンバーの原因は、ジステンバーウイルスに感染することで発症します。

主な感染経路は、ジステンバーウイルスに感染している犬と接触することや、
くしゃみなどで飛び散ったジステンバーウイルスを吸い込むことで感染します。

ジステンバーの症状
初期症状は発熱や食欲がなくなりますが、
抵抗力が低下し二次感染すると
さらに発熱や食欲がなくなり痩せてきます。

そのほか、嘔吐や下痢、くしゃみ、鼻水が出るようになり、
病状が進行すると脳が侵され興奮するようになったり
発作を起こすようになります。

ジステンバーの治療
治療法はないため、二次感染を防ぐために抗生物質や サルファ剤を使います。

犬の感染症 ケンネルコフ

ケンネルコフの原因
ケンネルコフはイヌ伝染性喉頭気管炎とも呼ばれ、
パラインフルエンザウイルスやアデノウイルス、細菌、微生物などに
感染することで発症します。

感染経路は、感染した犬のくしゃみや咳によって飛び散ったウイルスや
細菌などを吸い込むことで感染します。

ケンネルコフの症状
ケンネルコフの症状の特徴は、乾いて咳が出ることで運動したり興奮、
気温の変化によって症状が重くなります。

また、軽い発熱ですが、症状が悪化すると高熱になって
膿のような鼻水や、食欲がなくなっていきます。

ケンネルコフの治療
細菌感染が原因の場合は、抗生物質の噴霧薬を使い治療します。
ウイルス感染の場合は、効果的な薬がないので予防接種を受けておきましょう。

犬の感染症 パルボウイルス感染症

パルボウイルス感染症の原因
パルボウイルスに感染することで発症し、
生後10〜12週の子犬が発症しやすくなっています。

感染経路は、パルボウイルスに感染した犬の便やおう吐物などに接触することで感染します。

パルボウイルス感染症の症状
パルボウイルスは腸や心筋に棲みつきます。
腸に棲みついた場合は、激しい腸炎を起こし嘔吐や下痢をします。
重症になると血便や脱水症状になりショック状態になることもあります。

心筋に棲みつくと突然症状があらわれ、
嘔吐や悲鳴をあげて30分以内にほとんどが呼吸困難で死亡します。

パルボウイルス感染症の治療
パルボウイルス感染症の治療には、
まず、他の犬に感染しないように隔離入院させ輸液や酸素吸入で
体力を回復させます。

パルボウイルス感染症はワクチンで予防できますので予防接種を受けましょう。

犬の感染症 コロナウイルス性腸炎

コロナウイルス性腸炎の原因
イヌコロナウイルスが体内に侵入し繁殖することで発症します。
感染経路は、イヌコロナウイルスに感染した犬の便や嘔吐物から感染し
小腸で増殖し腸炎を引き起こします。

また、パルボウイルスも一緒に感染することが多く重症になります。

コロナウイルス性腸炎の症状
コロナウイルス性腸炎の症状は、元気や食欲がなくなり
下痢、嘔吐などの症状あらわれます。

さらに下痢は軟便から水のような便になり血が混じる症状が急にあらわれます。
子犬の場合は症状が重く急激に衰弱してきます。

コロナウイルス性腸炎の治療
コロナウイルス性腸炎の治療には効果的なものがなく、
発症したら安静にし体力を回復させます。

脱水症状の場合は輸液を行います。