犬(ペット)の病気 気管虚脱〜咳・呼吸困難☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 気管虚脱〜咳・呼吸困難



気管虚脱の原因
気管虚脱の原因は、
口や鼻と肺をつなぐ気管がつぶれることで起こる病気です。

正常な気管は、気管軟骨というU字型の軟骨が
気管を保護するように並んでおり、首を曲げたり喉に圧力がかかっても
つぶれないように気管を保護しています。

しかし、この気管軟骨が何らかの原因でつぶれてしまうことがあり
犬特有の病気です。

遺伝や老化、肥満が原因と考えれていますが、
はっきりとした原因は解明されていません。



犬の病気 気管虚脱の症状

気管虚脱の症状は、気管がつぶれることによって呼吸が困難になって
慢性的な咳や激しい運動ができなくなります。

また、興奮したり運動した後には
呼吸困難や咳の発作が起こりやすくなりますので注意してください。

発作のとき症状は、うろうろ動き回って落ち着きがなくなり
座りこんで楽になろうとします。

また、咳もガーガー、ゲーゲーといった特徴的な咳をするようになります。

病状が悪化すると発作の時間が長くなり、とても苦しそうな息をします。
また、酸欠状態になるので舌や歯ぐきが紫色になってきます。

このような症状は夏の暑い日に起こりやすくなっています。

犬の病気 気管虚脱の治療

症状が軽ければ、咳や呼吸困難などを軽減する気管支拡張剤や鎮静剤
抗炎症剤、強心剤などの薬を使います。

症状が重い場合は、プラスチックリングなどで気管を補強する手術が行われます。
しかし、手術をしてよくなったとしても再び悪化することあります。

夏は発作が起きやすいので、日陰など涼しい場所で過ごさせたり、
普段の生活がから発作が起きないように注意していきましょう。