犬(ペット)寄生虫 鉤虫症・条虫症〜下痢・痩せる・血便・毛づやが悪い☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)寄生虫 鉤虫症・条虫症〜下痢・痩せる・血便・毛づやが悪い



寄生して病気を引き起こすものに、鉤虫症条虫症がいます。

鉤虫症や鞭虫症に寄生されると
下痢や痩せる、血便、貧血、毛づやが悪いといった症状があらわれます。

ここでは、そんな鉤虫症や条虫症の原因、治療法などを紹介しています。

愛犬と楽しく過ごすためにも、日頃から健康チェックをしておきましょう。



犬の寄生虫 鉤虫症

鉤虫症の原因
鉤虫症に感染した犬の糞に混じった卵は、
土の中で孵化し他の犬が来るのを待ち構えています。

その鉤虫の幼虫を口にすることで感染します。

そのほか、皮膚から体内に侵入したり、
感染した母犬の胎盤や母乳からも感染することがあります。

鉤虫症の症状
鉤虫は血液を栄養分としていますので、子犬の場合食欲がなくなり
下痢や血便、貧血、痩せるといった症状があらわれます。

最悪、強度の貧血になり死亡することもあります。

成犬であれば、多少感染しても問題はありませんが、
寄生数が多くなると慢性的な貧血や下痢、毛づやが悪くなります。

鉤虫症の治療
駆除薬を使い治療します。
もし、悪い症状が続けば成長薬や栄養補給が行われます。

犬の寄生虫 条虫症

条虫症の原因
条虫症に感染した犬の糞に、犬条虫の片節が一緒に排出されます。
その片節から出てきた虫卵をノミが食べます。
虫卵はノミの中で孵化し、そのノミを犬が食べて感染します。

感染した犬条虫は小腸壁に寄生します。

条虫症の症状
犬条虫の片節が肛門に周辺につくので、
犬は不快感が出てくるのでお尻を地面にこすりつけたり、舐めたりします。

寄生数が多くなると食欲がなくなったり、下痢、毛づやが悪くなります。

条虫症の治療
駆虫薬の服用か注射で治療します。
また、ノミを退治するためにノミ駆除薬やノミとり首輪、薬用シャンプーを使います。