犬(ペット)口の病気 口内炎・口唇炎☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)口の病気 口内炎・口唇炎〜よだれ・くさい・発熱



口内炎・口唇炎の原因
口にできた炎症を口内炎というので、原因となる物は様々あります。

犬はいろいろな物を口に入れるので、
尖ったものなどをくわえたりしたときに口の中の粘膜を傷つけ、
それが原因となって口内炎になります。

そのほかにも、歯肉炎や歯周病など口の病気や、
糖尿病、腎臓病、感染症、ビタミン不足なども
口内炎を引き起こす原因になります。

口唇炎は犬だけにみられる唇が炎症を起こす病気です。
口唇炎の原因は、唇を怪我したりアレルギーなどで
炎症を起こしている患部が細菌に感染することで引き起こされます。



犬の口の病気 口内炎・口唇炎の症状

口内炎の症状は、腫れたりただれたり、潰瘍ができることもあります。
また、よだれが大量に出たり、口から嫌なニオイがします。

ほかに、糖尿病や感染症など体の病気が原因で口内炎になっている場合は、
発熱したり食欲がなくなることがあります。

口唇炎の症状は、かゆみや痛みがあるのでしきりに口のまわりをかきます。
そのため、毛が抜けたり嫌なニオイがすることがあります。

犬の口の病気 口内炎・口唇炎の治療

口内炎の治療は、それぞれの原因に合わせて治療が行われます。

細菌が原因の場合は抗生物質で炎症を抑え、
歯肉炎や歯周病が原因の場合はその治療が行われます。

口唇炎の治療でまず大切なのは患部を石けんでよく洗うことです。

アレルギーや刺激物が原因の場合は、
原因となる物を愛犬が触れないようにします。

口内炎と口唇炎の予防は、口の中をいつも清潔にしておくことです。