犬(ペット)真菌性皮膚炎・膿皮症〜かゆみ・抜け毛☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)真菌性皮膚炎・膿皮症〜かゆみ・抜け毛



真菌性皮膚炎嚢皮症原因
細菌が原因となって皮膚炎を起こす病気を膿皮症といいます。

細菌といっても特別なものではなく、
常に私たちのまわりに存在している細菌が引っ掻き傷や虫刺されなど
傷ついた皮膚に感染することで炎症を引き起こします。

また、病気や老化によって皮膚の免疫力が低下しているときも
膿皮症になりやすくなっています。

犬の真菌性皮膚炎の主な原因は、糸状菌と呼ばれるカビに感染することです。
感染経路は、空気中に飛び散った胞子や真菌性皮膚炎に感染た犬に
触れることで感染します。



犬の真菌性皮膚炎・膿皮症の症状

犬の膿皮症の症状は、強いかゆみがあるため常に引っ掻いたり噛んだりしています。
そのため毛が抜けてしまいます。

また、細菌が皮膚の奥深くに入り込むことで熱がでたり患部が膿んできます。

特にシワの多いブルドックやパグなどの犬種は、
シワの間に皮膚炎を起こしやすいので常にチェックしておきましょう。

犬の真菌性皮膚炎の症状は、かゆみはほとんどなく
円形に毛が抜けていくのが特徴的です。
症状が悪化するにしたがって円形が大きくなっていきます。

犬の真菌性皮膚炎・膿皮症の治療

犬の膿皮症の治療は、皮膚の表面だけに炎症が起きている場合は
薬用シャンプーを使うことで治すことができます。

しかし、皮膚の奥まで真菌が入り込んでいるようなら
抗生物質の飲み薬や塗り薬を使い直します。

犬の真菌性皮膚炎の治療は、真菌をやっつける薬を入れたお湯に犬を入れ
薬浴で治療します。

ただし、約1ヶ月くらいの期間治療を続ける必要があるので、
根気よく治療を行ってください。