犬(ペット)の病気 尿路結石・腎不全〜嘔吐・下痢・脱水症状・排尿困難☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 尿路結石・腎不全〜嘔吐・下痢・脱水症状・排尿困難



犬の病気に結石ができることで発症する尿路結石
腎臓の働きが弱くなる腎不全があります。

これらの病気は、嘔吐や下痢、脱水症状、排尿困難といった症状があります。

日頃から犬の健康に気をつけ、楽しい時間を過ごせるようにしましょう。

ここでは、犬の病気尿路結石腎不全の原因と症状
治療法を紹介しています。



犬の病気 尿路結石

尿路結石の原因
カルシウムやマグネシウム、リン、尿酸などのミネラルが結晶化して
腎臓や膀胱に結石できる病気です。

結石の大きさは様々で、大きなものから砂状のまであります。
しかし、なぜ結石ができるか原因はわかっていません。

尿路結石の症状
尿路結石の症状は、尿道などに結石がつまる状態になるので
オシッコが出にくくなります。

そのためオシッコをするの回数が増えたり
オシッコのポーズをしても出ないことがあります。

また、膀胱に尿がたまるので膨らんでいるのが外見からでも確認できます。
そのほか、痛みが激しいためうずくまったり、触られるのを嫌がります。

尿路結石の治療
尿路結石の治療は、オシッコが出にくいなど症状がある場合は
手術によって取り除くことが一般的です。

症状がない場合は、結石を溶かす薬を投与したり
大量の水を飲ませることでオシッコと一緒に排出させる治療が行われます。

犬の病気 腎不全の治療

腎不全の原因
腎不全の原因は、腎臓病や尿路結石などで腎臓の働きが極端に弱くなります。
慢性の腎不全になると腎機能が少しづつ低下していきます。

腎不全の症状
急性腎不全の症状は、嘔吐や下痢を繰り返し脱水症状になります。
また、元気がなく食欲もなくなってきます。

慢性腎不全の症状は、元気がない、食欲がない、嘔吐、下痢
飲多尿、痩せる
といった症状があらわれます。

腎不全の治療
急性腎不全であれば、輸液や薬を使って
尿の量を増や体内の老廃物を取り除きます。

慢性腎不全の場合は、食餌療法が行われ
たんぱく質と塩分を制限した食事をします。また、輸液も行われます。