犬(ペット)の病気 レッグ・パーセス 前十字靭帯断裂☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 レッグ・パーセス 前十字靭帯断裂



病気レッグ・パーセス前十字靭帯断裂という
普通に歩けなくなる病気があります。

そのまま、放置すると歩行障害だけではなく、歩けなくなることもあります。

そうならないために、日頃から愛犬の健康チェックはしましょう。

ここでは、犬の病気レッグ・パーセス前十字靭帯断裂
原因、症状、治療について掲載しています。



犬の病気 レッグ・パーセスの症状

レッグ・パーセスの原因
レッグ・パーセスの原因は、大腿骨の先端の骨が変形したり壊死することですが、
これは血流が悪くなることで起こります。

しかし、なぜ血流が悪くなるのかはっきりとは解明されていませんが、
ホルモン異常や栄養障害、遺伝によるものではないかと考えられています。

レッグ・パーセスの症状
股関節が正常に動かなくなるので、
後ろ足を引きずったり、足を上げたまま歩きます。

この症状は片足だけに起こり、
生後4〜12ヶ月で体重が10kgの子犬に発症します。

何も処置をしないと、大腿骨が変形したり筋肉が委縮して
普通に歩くことが一生できなくなります。

レッグ・パーセスの治療
症状が軽い場合は、激しい運動をひかえ様子をみます。

普段の生活に支障がでるほど症状が悪化している場合は、
手術によって壊死した患部を切除し関節を整えます。

犬の病気 前十字靭帯断裂

前十字靭帯断裂の原因
前十字靭帯は大腿骨と脛骨をつなぐ靭帯ですが、
この前十字靭帯が肥満によって膝に負担がかかったり、
老化でひざ関節が弱くなることで切れることがります。

前十字靭帯断裂の症状
体重をかけられないので足を上げて歩きます。

しかし、2〜3日で普通に歩けるようになるので、
飼い主は治ったと勘違いすることがありますので注意してください。

そのまま適切な処置をしないと関節が変形し歩行障害を引き起こします。

前十字靭帯断裂の治療
前十字靭帯断裂の治療は、様々な手術法が行われます。

他の部位の靭帯を切れた靭帯に移植して修復したり、
関節を安定させるために関節周囲の組織を強化する手術などが行われます。