犬(ペット)の病気 子宮蓄膿症〜嘔吐・食欲がない・発熱・多飲☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 子宮蓄膿症〜嘔吐・食欲がない・発熱・多飲



子宮蓄膿症の原因
子宮蓄膿症の原因は、大腸菌やブドウ球菌、レンサ球菌などによる感染です。
そのほかにもホルモンのバランスが崩れることでも発症すると考えられています。

子宮は細菌に感染しない仕組みになっており炎症も起きにくくなっていますが
発情期になると子宮頚管が開くため細菌が膣に侵入しやすくなります。

膣に侵入した細菌は子宮内で繁殖し炎症を起こします。
その後発情期が終わると子宮頚管は閉じるため
炎症によって出てくる膿が子宮内にたまっていきます。



犬の病気 子宮蓄膿症の症状

子宮蓄膿症の特徴的な症状は、水をたくさん飲み大量のオシッコをします。

また子宮に膿がたまるため
お腹が膨れ垂れ下がっているのが外見からもわかります。
そのほかにも発熱や嘔吐、食欲がなくなってきます。

発情期であれば、陰部から膿や血の混じった膿が出ることもあります。

病状が進むと貧血や腎不全を起こすことがありますので注意してください。
最悪、命を落とすこともあります。

犬の病気 子宮蓄膿症の治療

子宮蓄膿症の治療は、子宮や卵巣、子宮頚管を摘出する手術が行われます。

ただし、摘出手術は妊娠させない場合で
赤ちゃんを作るつもりであれば抗生物質や抗菌薬で治療を行います。

しかし、再発することも多いので十分に気をつける必要があります。

子宮蓄膿症の予防は、定期的に妊娠出産をすることですが
赤ちゃんを産ませる気がないのであれば、避妊手術も効果的な予防法です。