犬(ペット)の病気 心不全・心室中隔欠損症☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 心不全・心室中隔欠損症〜呼吸困難・咳・発育不良



の心臓の病気に心不全心室中隔欠損症といわれる、
心臓の働きが弱ったり生まれつきの心臓に穴のあいた病気があります。

心不全や心室中隔欠損症の病気は、
そのほかの病気を併発することがあるので、
日頃の生活から注意する必要があります。

ここでは、犬の心不全や心室中隔欠損症の原因と症状、
治療について掲載しています。



犬の病気 心不全

心不全の原因
心不全とは心臓の機能が低下することで、原因としてあげられるのは、
様々な心臓病や肺の病気、フィラリア症などがあります。

また、病気やケガによる出血によって2次的に心不全になることがあります。

心不全の症状
心臓の左心室と左心房の機能が低下すると、
肺水腫という肺に水がたまる病気を起こしやすく、
呼吸が苦しくなったり激しい咳をするようになります。

右心室と右心房の機能が低下すると、足やお腹がむくむ、下痢や便秘、
オシッコが少なくなる、お腹や胸に水がたまる、
肝臓が腫れるといった症状があらわれます。

心不全の治療
心不全の治療は心臓の働きを強くする薬が使われます。

強心剤で心臓の機能を強め、利尿薬で足やお腹のむくみをとる、
血管拡張剤で血管を広げ血液の流れをよくするといった治療を行っていきます。

犬の病気 心室中隔欠損症

心室中隔欠損症の原因
心室中隔欠損症とは、心臓の左心室と右心室を仕切っている壁に
穴が開いていることで生まれつきの病気です。

血液を送り出す力は、右心室よりも左心室が強いので
左心室の血液が右心室に流れ込みます。

そのため、血液の流れが乱れ心臓肥大になります。

心室中隔欠損症の症状
心室中隔欠損症の症状は、疲れやすかったり苦しそうな呼吸をします。
これらの症状は生まれつきなので子犬の頃からみられます。

また、血液の流れが正常でないので発育が悪かったり、
肺水腫を引き起こし乾いて咳が出るようになりす。

心室中隔欠損症の治療
心室中隔欠損症の治療は、心臓への負担を軽くするために処置を行われます。

呼吸困難や肺水腫など心室中隔欠損症の症状が
はっきりあらわれている場合には、強心剤で心臓の働きを強めたり、
利尿薬で心臓の負担を軽くする治療が行われます。