犬(ペット)の病気 食品中毒・薬物中毒〜血尿・黄疸・よだれ・けいれん☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 食品中毒・薬物中毒〜血尿・黄疸・よだれ・けいれん



犬の病気食品中毒血小板減少症があります。

食品中毒は毒性の物を食べたらなりますが
人間には大丈夫な食べ物でも犬にとっては有害になるものがあります。

また、薬物中毒も人間の身近な物が原因となります。
どちらの中毒も、飼い主が注意することで防ぐことができます。

日頃から犬の健康に気をつけ、楽しい時間を過ごせるようにしましょう。

ここでは、犬の病気食品中毒薬物中毒の原因と症状
治療法を紹介しています。



犬の病気 食品中毒

食品中毒の原因
人間でも中毒を起こすようなジャガイモの芽や毒キノコなどは
犬でも食中毒の原因になります。

犬が食べ物で中毒を起こすものにタマネギや長ネギ、チョコレートなどがあります。

そのほか気をつけるのは植物で、アサガオの種やアセビ、アマリリス、ケシ
シャクナゲなども食中毒を引き起こします。

食品中毒の症状
タマネギ中毒になると元気がなくなり下痢や嘔吐、貧血、黄疸
オシッコが赤くなるといった症状があります。

また、植物のアセビ中毒になると、神経に障害が起きるため
ふらつきながら歩いたり、よだれ、呼吸困難、脈拍が速くなるなどの
症状が出ます。

食品中毒の治療
食品中毒の治療は、原因によって胃を洗浄したり輸血などをして
貧血や神経の働きを正常にしていきます。

犬の病気 薬物中毒

薬物中毒の原因
薬物中毒の原因は、薬品を舐めることで中毒になります。

どこの家庭にも、誤って犬が口にしたり舐めたりするものがたくさんあります。
例えば、殺虫剤や化粧品、除草剤、蚊とり線香などです。

また、ノミとり首輪や犬のダニを駆除する薬浴剤などでも
中毒を起こすことがあるので注意してください。

薬物中毒の症状
薬物中毒の症状は、どのような薬品を舐めたかによって違ってきます。

塩素系の殺虫剤では、1時間以内によだれや足の痙攣が起きます。
有機リン酸系の殺虫剤を口にしたときの症状は、下痢やよだれ
呼吸困難、痙攣などがみられます。

薬物中毒の治療
薬物中毒の治療は、口にした薬品によって治療法は異なりますが
胃を洗浄したり薬品の毒性を中和する薬を使います。