犬(ペット)の病気 レッグ・パーセス 前十字靭帯断裂☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 僧帽弁閉鎖不全症〜息切れ・咳



僧帽弁閉鎖不全症の原因
僧帽弁とは、血液の逆流を防ぐため閉じたり開いたりしている弁で
心臓の左心房と右心房の間にあります。

僧帽弁閉鎖不全症は、この逆流を防ぐための僧帽弁が変形したり、
厚くなったり、心臓の壁とつながっている組織が切れたりすることで
弁が閉じなくなって血液が逆流する病気です。

血液が逆流することで様々な症状があらわれますが、
なぜ僧帽弁に異常が起こるのかはっきりした原因はわかっていません。

ただし、年を取るほど発症しやすくなっています。



犬の病気 僧帽弁閉鎖不全症の症状

僧帽弁閉鎖不全症の症状は、咳が出るようになったり、
少しの運動しただけでも息切れをするようになります。

これは、血液が逆流することで
全身に送られる血液量が減るために起こる症状です。

また、僧帽弁閉鎖不全症は長引くと肺水腫という肺に水がたまる病気になります。

肺水腫になると苦しそうな咳に変わり、夜から朝にかけて症状がひどくなり、
さらに悪化すると常に苦しそうに呼吸します。

犬の病気 僧帽弁閉鎖不全症の治療

僧帽弁閉鎖不全症の治療には、心臓への負担を軽くするため
薬を使った治療が行われます。

心臓の働きを強める強心剤や、体内にある余分な水分を減らすことで
心臓へ流れ込む血液量を減らす目的で利尿剤を使います。

そのほか、血管を広げることで心臓への負担を減らす
血管拡張剤などを使う場合もあります。

しかし、これらの方法は根本的な治療にはならないので、
日頃から心臓に負担のかかる生活をすることが大切になります。