犬(ペット)の病気 糖尿病〜痩せる・たくさん水を飲む・おしっこが多い☆簡単犬のしつけ

犬(ペット)の病気 糖尿病〜痩せる・たくさん水を飲む・おしっこが多い



糖尿病の原因
糖尿病の原因の多くは、食べ過ぎや運動不足
肥満によるものでブドウ糖の血中濃度が異常に高くなることです。
また、そのほかの原因としてすい臓の病気やウイルス感染などがあります。

食べ物から吸収された糖は
血液で全身に運ばれ脳や筋肉のエネルギーとして使われています。
使われず残った糖は脂肪細胞に蓄えられます。

食後は血糖値が上がりますが
すい臓からインスリンが分泌され血糖値は下がります。

しかし、糖尿病になるとインスリンの分泌量が減ったり
働きが弱くなったりすると血液中の糖が処理されないので
血糖値が上がったままの状態になります。



犬の病気 糖尿病の症状

糖尿病の初期症状は全くと言っていいほどありません。
しかし、血糖値の高い状態が続いていると様々な症状がみられます。

よくみられる症状は、大量の水を飲み大量のオシッコをすることです。
オシッコの量はいつもより3倍くらいに増えます。

そのほか、糖を脂肪として蓄えることができないので体力が衰え痩せてきます。
たくさんエサを食べているのに痩せる場合は注意してください。

病状が進行すると、白内障や腎炎、感染症などを発症しやすくなります。
また、糖尿病は血液が酸性になることがあるので
嘔吐や呼吸困難、脱水症状がみられ昏睡状態になることもあります。

犬の病気 糖尿病の治療

糖尿病の治療では、インスリンの働きが低下していれば食事療法によって
1日の摂取カロリーを制限してきます。

インスリンの分泌量が少ない場合は
注射でインスリンを補う治療法をが行われます。

しかし、インスリンの量が多かったりすると
低血糖になり昏睡状態になる危険性があるので注意してください。

糖尿病は完治することができないので、一生治療を続ける必要があります。