犬(ペット)アメリカ飼料検査官協会(AFFCO)基準☆簡単犬のしつけ

アメリカ飼料検査官協会(AFFCO)基準



アメリカでは、連邦政府法によって人間の食品検査と同じように
ペットフードも品質管理するようになっています。

また、ペットフード業界から独立した公的機関の国立審議会(NRC)
アメリカ飼料検査官協会(AFFCO)のそれぞれがペットフードの基準値を
発表しています。

しかし、日本ではペットフード公正取引協議会が定めた表示基準がある以外に
法的な基準表記義務がありません。

学術研究を目的にしている国立審議会(NRC)基準値よりも
アメリカ飼料検査官協会(AFFCO)の発表している
ペットフードの基準値が有名で、日本を含め世界各国で参考にされています。

日本で販売されているペットフードには
AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の指針に従って行われた
飼料テストで合格済みです。」と説明している製品もあります。



AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の基準値

AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)基準値とは、
犬や猫のペットに限らず牛や馬、ニワトリなどの家畜についても
「完全かつ均等のとれた食餌」であるため、基準値に合格したペットフードを
与えていれば健康に過ごすことができ、繁殖に関しても問題ないということです。

二世代の犬にわたって、食べさせたペットフードの追跡調査を行い
合格したものだけが「AAFCO給与試験合格品」のラベルを貼ることができます。

しかし、この基準に合格したものでも数世代にわたって与え続ければ
内臓障害やアレルギー体質を強めるペットや家畜がいることも報告されています。

この原因として考えられるのは
原材料が問題になっているのではないかといわれています。

ペットフードは加工品なので避けることができないリスクともいえます。

AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)のラベルに気をつける

ペットフードパッケージに、「AAFCO」の文字が表示がしてあっても
AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の試験に合格したものとは限りません。

飼い主にとっては紛らわしい表示がしてあります。

例えば、
・AAFCOの制定した基準値を満たしている製品です。
・AAFCOが制定した基準値をクリアしています。


これらの表現はAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の試験に合格した
ペットフードではないので、購入する場合には気をつけてください。