犬(ペット)ペットフードのCM☆簡単犬のしつけ

ペットフードのCM



ペットフードのCMでは、一目散にとんできて食べるシーンや
一気に食べ終わるシーンがよく見られます。
また、トップブリーダーと呼ばれる人たちが薦めるペットフードのCMもあります。

これらすべてがペットフードメーカーのCMです。

コマーシャルの目的というのは商品の宣伝であって
放送されている内容がすべてが真実で栄養素や安全性に
優れているというものではありません。



ペットフードのCMはイメージ

コマーシャルというのは、犬が喜んで美味しく食べることを
消費者にイメージさせることで商品を買ってもらうこと最優先にしています。

犬の可愛らしさや、ペットフードに駆け寄る犬の映像を30秒程度で詰め込んで
いかに商品を買ってもらうかコマーシャルしています。

実際にコマーシャルを見てみると、使っている原材料や添加物を伝えていたり
国際的に認められた基準に合格しているというコマーシャルはありません。

また、コマーシャルにはどれだけの費用がかかっているのでしょうか。
決して安いものではありません。

パッケージにしても、購買意欲をそそるデザインにすることにも
莫大ない経費がかかっています。

このような考えでペットフードのコマーシャルを見ると
愛犬に与えるペットフードは何がいいのかわかってくるのではないでしょうか。

ペットフード〜犬の味覚

実際に犬は味には鈍く、味だけで食べ物を判断しているのではなく
「ニオイ・味・歯ざわり・舌ざわり」をトータルして判断しています。

ペットフードを選ぶ際は、食いつきだけではなく栄養素など総合的に判断し
て愛犬が健康に長生きできるペットフードを与えましょう。

犬は自分で選ぶことができませんから。。。