犬(ペット)栄養満点のペットフードは安全?☆簡単犬のしつけ

栄養満点のペットフードは安全?



栄養満点ペットフードは、愛犬に飼い主にとっても便利なものになっています。

昔であれば、飼い主のご飯の残り物や特別に愛犬用に作っていましたが
ペットフードが一般に浸透してきた理由の一つに
ペットフード栄養のバランスに優れ、ほかに食べさせる必要がなく
飼い主の手間も省けるという考えがあったからでしょう。

では、総合栄養食栄養満点ペットフードだけを食べさせていれば
愛犬は健康に長生きできるのでしょうか?



犬種によって栄養素は違う

必要な栄養素は、犬の種類によって大きく異なっています。

シベリアンハスキーであれば、亜鉛の吸収力が弱く
皮膚病や免疫にトラブルが起きやすい遺伝的要因を持っているといわれ
亜鉛を他の犬よりも多めにとる必要があります。

ダルメシアンでは、プリン体を多く摂取すると
尿酸代謝異常によって結石ができやすくなります。

このように、犬種によって必要な栄養素は違ってきますし
生活環境によってストレスがたまればビタミンCが必要になるなど
犬種や生活環境で必要な栄養素は違ってきます。

結論をいうと、栄養満点総合栄養食というペットフードだけを
食べていれば大丈夫ということはいえません。

たとえ愛犬に必要な栄養素が含まれていたとしてもペットフードの多くは
穀類のトウモロコシなど消化吸収されにくい原材料が使われています。

そのため、栄養を吸収できないだけだはなく
犬によっては慢性的な下痢になることも少なくありません。

栄養満点のペットフードの落とし穴

アメリカでは、同じものだけを食べ続けると
どのような結果になるか調査が行われました。

市販されている約2割のドッグフードが
三代にわたって同じドッグフードを食べさせ続けると
三代目の犬は繁殖能力がなくなるという報告がされました。

一般的に、同じものばかり食べていると栄養素の欠乏や過剰摂取に陥り
様々な障害が起きることは知られています。

そのため、栄養満点だからといって毎日続けて食べさせれば
問題が起こる可能性が高くなるので
すべての犬に与えて良いものではないといえます。