治療薬〜薬を使えば必ず副作用?

薬の飲み方・使い方

治療薬/必ず副作用

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>薬を使えば必ず副作用?

薬を使えば必ず副作用?


を使うときに誰でも気になることが、副作用がないのか、本当に効き目があるのだろうかということではないでしょうか。
気にはなっていても、薬の効き目に関して多くの人は楽観的に考えています。医師や薬剤師に対して信用していたり、効き目がなければ他の薬があると思っているのでそれほど危機感はありません。
しかし、副作用に関しては楽観的に考えることはできません。薬を使えば必ず副作用が起こるというわけではありませんが、まったく副作用が起こらないということでもありません。
薬には主作用と副作用があり、体に異常が起きた場合に正常な状態に戻す役目をするのが主作用で、体に予想しない異常を起こしていまうのが副作用です。
薬を開発する段階で、治療に最大の効果があるようにし、副作用を最小限にするように開発されていますが副作用をまったく起きないようにすることはできません。
しかし、主作用が強くなりすぎても問題になります。たとえば降圧薬は血圧を下げる働きがありますが、主作用が強くなりすぎると血圧が下がりすぎてめまいなどの副作用が起きます。これは、薬の使用量が多いときに起こることが多く肝臓や腎臓の働きが弱い人では普通の使用量でも副作用を起こすことがあります。
このように、健康状態や体質、薬の使用量など様々な要因が重なり合って副作用は起こりますので、誰にでも副作用が起こる可能性があるのです。だからといって、あまり副作用に対して神経質になる必要はありません。
医師や薬剤師は副作用について十分に配慮して薬を処方しています。それでも心配がある場合は医師や薬剤師に相談しましょう。


薬の副作用−コンテンツ一覧−

薬を使えば必ず副作用? 副作用の頻度 副作用の起こりやすい人 ステロイド剤の副作用 抗不安薬ベンゾジアゼピンの依存症 薬のリバウンド 向精神薬の副作用〜ジスキネジア 吸入剤で口の中にカビ? 薬で変わる尿・便の色 スチーブン・ジョンソン症候群 味覚障害の副作用 漢方薬の副作用 生薬の副作用 薬で喉が渇く 降圧薬で血圧上昇 アレルギーの起こりやすい薬 副作用があるから薬は飲む? バイアグラで死亡 抗がん剤イレッサの副作用 副作用の悪性症候群


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.