治療薬〜薬で変わる尿・便の色

薬の飲み方・使い方

治療薬/尿の色/便の色

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>薬で変わる尿・便の色

薬で変わる尿・便の色


ふつう尿は、黄褐色や淡褐色のビールのようなをしています。便は黄褐色から暗褐色が正常なです。しかし、を服用することで尿が赤っぽくなったり、便が白や黒といった影響がでることがあります。
このように尿や便の色が変わることは、薬そのものの色が原因になる場合もありますし、薬が体内で分解され尿や便の中に混じって出てくる場合もあります。これらの変化は一時的なことなので、薬の服用をやめればほとんどの場合正常に色に戻ってきます。
また、同じ薬を使っていても食べたものの内容や体の体調によっても、尿や便の色は変わってくることがあります。
尿の色が変化する薬には次のようなものがあります。
降圧薬は黒色血糖降下薬は黄褐色から赤色筋弛緩薬は橙色止血薬は茶色から黄褐色抗炎症薬は黄赤色抗生物質のセフジニルは赤色塩酸ミノサイクリンは黄褐色から茶褐色抗結核薬は橙赤色抗がん薬は琥珀色か黄緑色下剤は黄褐色から赤色
薬以外にも、水分をたくさんとれば尿は薄められ色が薄くなり、水分を摂っていなかったり汗を大量にかいていると色が濃くなり尿の量も少なくなります。また、牛肉や豚肉など肉類を多く食べると黒褐色の便になり、キャベツやジャガイモなど野菜類の食べ物が多くなれば黄色っぽくなり、鉄分を含んだ食べ物をたくさん食べれば緑黒色になります。


薬の副作用−コンテンツ一覧−

薬を使えば必ず副作用? 副作用の頻度 副作用の起こりやすい人 ステロイド剤の副作用 抗不安薬ベンゾジアゼピンの依存症 薬のリバウンド 向精神薬の副作用〜ジスキネジア 吸入剤で口の中にカビ? 薬で変わる尿・便の色 スチーブン・ジョンソン症候群 味覚障害の副作用 漢方薬の副作用 生薬の副作用 薬で喉が渇く 降圧薬で血圧上昇 アレルギーの起こりやすい薬 副作用があるから薬は飲む? バイアグラで死亡 抗がん剤イレッサの副作用 副作用の悪性症候群


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.