治療薬〜抗がん剤イレッサの副作用

薬の飲み方・使い方

治療薬/抗がん剤/イレッサ/副作用

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>抗がん剤イレッサの副作用

抗がん剤イレッサの副作用


イレッサ(ゲフィチニブ)は、世界に先駆けて2002年に承認された抗がん剤です。このイレッサは、がん細胞の増殖に関係している物質だけに作用し、正常な細胞には害を与えず副作用も少ない抗がん剤として話題になりました。
しかし、日本国内でも承認前から間質性肺炎による死亡が確認されたことから夢の抗がん剤として話題になったイレッサの期待は薄れていきました。この発表があった後にも、約6%の割合で間質性肺炎が発生しており海外よりも日本のほうが高い発生率になっています。
間質性肺炎とは、肺胞の間質という部位を中心に炎症が起こる病気で、組織がしだいに線維化し病状が進むと肺線維症になります。
間質性肺炎の症状は、主にタンをともなわない咳と運動をすると呼吸困難になることがあげられます。また、急に症状があらわれる急性型と徐々に進行していく慢性型があります。急性型になると発熱や倦怠感をともなうことがあります。
この間質性肺炎は、抗がん剤のイレッサ以外の薬でも副作用が起こることがあります。主な薬に、イレッサ以外の抗がん剤や自律神経調整薬のベンゾチアゾール、抗生物質、抗不正脈薬、抗てんかん薬、降圧薬、消化性潰瘍治療薬などがあります。また、インターフェロンと小柴胡湯を一緒に使ったために死亡したということで話題になりました。
間質性肺炎が薬による原因で起こった場合には、薬を使うのをすぐに止める必要があります。急性の間質性肺炎の治療には、ステロイド剤や免疫抑制薬などが使われます。


薬の副作用−コンテンツ一覧−

薬を使えば必ず副作用? 副作用の頻度 副作用の起こりやすい人 ステロイド剤の副作用 抗不安薬ベンゾジアゼピンの依存症 薬のリバウンド 向精神薬の副作用〜ジスキネジア 吸入剤で口の中にカビ? 薬で変わる尿・便の色 スチーブン・ジョンソン症候群 味覚障害の副作用 漢方薬の副作用 生薬の副作用 薬で喉が渇く 降圧薬で血圧上昇 アレルギーの起こりやすい薬 副作用があるから薬は飲む? バイアグラで死亡 抗がん剤イレッサの副作用 副作用の悪性症候群


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.