治療薬〜スチーブン・ジョンソン症候群

薬の飲み方・使い方

治療薬/スチーブン・ジョンソン症候群

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>スチーブン・ジョンソン症候群

スチーブン・ジョンソン症候群


命にかかわる副作用のひとつにスチーブン・ジョンソン症候群があります。
軽い副作用のかゆみや便秘といった症状であれば、そんなに問題にはなりませんが、命にかかわる副作用であれば話は別です。このスチーブン・ジョンソン症候群は皮膚粘膜眼症候群とも呼ばれており、悪性症候群などと並び死に至ることもある副作用のひとつです。
症状に進行が早く高熱や寒気などの全身症状とともに、全身の皮膚、目の角膜や結膜、口の中や陰部の粘膜などに水疱や潰瘍をともなった斑点がたくさんできます。もし、これらの症状がみられたら早急に医師に診てもらう必要があります。
これらの症状の多くは、3〜6週間で治療でき再発も多くありません。しかし、なかには重症になることもあり急性期の場合は約1割の方が亡くなっています。
このスチーブン・ジョンソン症候群の副作用が報告されている薬には、てんかんの発作を抑えるヒダントイン系やバルビツール系の抗てんかん薬、フェノチアジン系向精神薬、カルシウム拮抗薬の塩酸ジルチアゼム、非ステロイド抗炎症薬などがあります。


薬の副作用−コンテンツ一覧−

薬を使えば必ず副作用? 副作用の頻度 副作用の起こりやすい人 ステロイド剤の副作用 抗不安薬ベンゾジアゼピンの依存症 薬のリバウンド 向精神薬の副作用〜ジスキネジア 吸入剤で口の中にカビ? 薬で変わる尿・便の色 スチーブン・ジョンソン症候群 味覚障害の副作用 漢方薬の副作用 生薬の副作用 薬で喉が渇く 降圧薬で血圧上昇 アレルギーの起こりやすい薬 副作用があるから薬は飲む? バイアグラで死亡 抗がん剤イレッサの副作用 副作用の悪性症候群


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.