治療薬〜インフルエンザ乳幼児に使えない解熱薬

薬の飲み方・使い方

治療薬/子供/小児/こども/インフルエンザ/乳幼児/解熱薬

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>インフルエンザ乳幼児に使えない解熱薬

インフルエンザ乳幼児に使えない解熱薬


熱を下げる解熱薬といえば誰でも思い浮かべるのがアスピリン(アセチルサチル酸)です。このアスピリンは、15歳以下の子供や乳幼児がインフルエンザや水痘症などのウイルス性疾患にかかっている場合は、原則として使うことができなくなっています。その理由として、アメリカにおいてサリチル酸系製剤(アスピリンなど)とライ症候群との関連性があることの疫学調査の報告があったためです。
そのほかにも、よく処方されるジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)の解熱薬も、服用後にライ症候群が発症したという報告あります。そのためジクロフェナクナトリウムも、子供や乳幼児に対して使うことが原則禁じられています。
また、子供や乳幼児のインフルエンザで発熱した場合に、メフェナム酸も原則使うことは許されていません
これらの薬は、一般の薬局や薬店でも販売されています。薬の効果がいいため熱を下げるにはどの薬がいいのか質問すれば、これらの薬をすすめられることが多くあります。
インフルエンザなどの初期症状は風邪の症状と間違えやすいので、子供や乳幼児が熱をだしたときにはまずは、病院で診てもらうことが大切です。また、子供や乳幼児の解熱薬を購入するはあいには、薬剤師のいるお店を選びきちんと子供や乳幼児がどのような症状があるのか説明するようにします。


子供と薬−コンテンツ一覧−

子供の薬の飲ませ方 薬にジュースを混ぜて飲ませる 子供の薬の服用間隔 子供の年齢や体重で決まる薬 子供に大人の薬 薬物アレルギーは遺伝する? 成長と薬の半減期 子供に解熱薬を使う基準 熱さまシート成分 インフルエンザ乳幼児に使えない解熱薬 栄養ドリンク剤の副作用 子供・乳児の誤飲 薬を飲ませてもすぐに吐く 薬の服用後の下痢は危険


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.