治療薬〜高齢者が注意する薬

薬の飲み方・使い方

治療薬/高齢者/注意

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>高齢者が注意する薬

高齢者が注意する薬


高齢者になるとひとつの病気だけでなく、いくつかの病気にかかることがあります。そのため複数の病院と複数の薬を服用していることも多くあります。このような状態になると薬の相互作用が心配されます。
薬の相互作用が心配される場合はおくすり手帳を活用して、現在どのような薬を使っているのか医師や薬剤師に伝えます。このおくすり手帳を薬局や病院の窓口に提示すると処方される薬を記録してもらえ、副作用が心配な場合は依頼すれば薬の重複や相互作用など危険がないか調べてもらうことができます。
おくすり手帳を持っていない場合には、実際に使っている薬を医師に見せることもいいでしょう。
高齢者の薬と副作用
解熱鎮痛薬〜虚脱症状や過度の体温低下など
強心薬〜過敏症状、作用増強、ジキタリス中毒など
降圧薬〜過度の降圧、起立性低血圧症など
制酸薬〜肝機能障害、高マグネシウム血症
下剤〜過度の脱水、過敏症状
抗血栓薬〜出血しやすい、作用増強
不整脈治療薬〜過度の降圧、脳梗塞の発症
消化性潰瘍治療薬〜肝機能障害、黄疸
利尿薬〜脱水、過度の降圧、血栓塞栓症
血糖降下薬〜作用増強、低血糖
催眠鎮静薬・向精神薬〜過度の鎮静、物忘れ
副腎皮質ホルモン剤〜むくみ、乏尿、高血圧。


高齢者と薬−コンテンツ一覧−

高齢者の薬の飲ませ方 高齢者が上手に薬を飲む方法 高齢者に出やすい副作用 高齢者が注意する薬 坐薬でショック症状 睡眠薬とボケ 薬の飲み忘れ 


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.