治療薬〜高齢者に出やすい副作用

薬の飲み方・使い方

治療薬/高齢者/副作用

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>高齢者に出やすい副作用

高齢者に出やすい副作用


高齢者になると副作用が出やすくなるといいます。その最大の理由が、年齢とともに体の機能全体が低下してくることがあげられます。薬の作用に関連する胃や腸などの消化管や肝臓、腎臓、心臓、血管などの働きが弱くなり、薬の代謝、分解、排泄などが遅れたりしますので、薬の成分を体が代謝、分解を適正にできないために思いもよらない副作用を引き起こすことがあります。
若い人には問題なく使える薬でも、高齢者には効果がありすぎて強い副作用が出ることもあります。口から服用する薬よりも、薬の作用が早くでる坐薬のほうが危険なショック症状を引き起こすこともあります。
また、高齢者になるとひとつの病気ではなく複数の病気にかかることも珍しくありません。そうなると薬も数種類同時に飲むことになります。数種類の薬を一緒に飲むと、今度は相互作用によって副作用が起きる可能性が高くなります。
しかし、相互作用は薬だけではなくジュースや食べ物によっても起こるので注意が必要です。さらに、高齢になると目が見えにくくなったり、耳が聞こえにくいなどの症状も出てくるので、服用する薬の種類を間違えたり薬の服用量や使用方法を聞き違えたことが原因で副作用を起こすこともあります。
そうならないためにも、高齢になって薬を服用する場合は体の小さな変化も見逃さないように日頃から気をつける必要があります。
しかし、あまりに副作用を心配するのも体によくありません。薬は正しく服用していれば副作用が起こることは少ないとうことも認識しておきましょう。


高齢者と薬−コンテンツ一覧−

高齢者の薬の飲ませ方 高齢者が上手に薬を飲む方法 高齢者に出やすい副作用 高齢者が注意する薬 坐薬でショック症状 睡眠薬とボケ 薬の飲み忘れ 


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.