治療薬〜高齢者の薬の飲ませ方

薬の飲み方・使い方

治療薬/高齢者/飲ませ方

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>高齢者の薬の飲ませ方

高齢者の薬の飲ませ方


高齢者になると、起きるのがつらかったり、面倒くさかったりすると布団に入ったまま薬を飲む高齢者も多いのではないでしょうか。しかし、寝たままの姿勢で薬を飲むと喉や食道に引っかかってしまう危険性があります。そのまま、薬が喉や食道にひっかかったままだと、薬が溶け出し消化管潰瘍になることもあるので寝た姿勢で薬を飲んではいけません。そのほか、服用した薬が食道ではなくて誤って気管に入りむせることになります。
一見むせるのが苦しそうでなくても、高齢者は体の機能が低下しているので食べ物や飲み物をを飲み込むときに気管の蓋を自然と閉める働きの嚥下反射がうまく機能しないこともあるので、誤って気管に飲み込んだものが入ってしまうことがあります。この現象は誤嚥といわれ寝た姿勢で飲食すると起こりやすいといわれています。
そのまま誤嚥を放置すると、それが原因となって誤嚥性肺炎を引き起こす危険性があります。
薬は体を起こした状態で、水やぬるま湯と一緒に飲むことが基本になります。
寝たきりの高齢者でも薬を飲ませるときには、無理をしない程度に軽く体を起こして飲ませるようにしましょう。必ず口の高さが、食道や胃の位置よりも高くなるようにして薬は服用します。


高齢者と薬−コンテンツ一覧−

高齢者の薬の飲ませ方 高齢者が上手に薬を飲む方法 高齢者に出やすい副作用 高齢者が注意する薬 坐薬でショック症状 睡眠薬とボケ 薬の飲み忘れ 


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.