治療薬〜薬の飲み忘れ

薬の飲み方・使い方

治療薬/高齢者/飲み忘れ

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>薬の飲み忘れ

薬の飲み忘れ


高齢者になると、物忘れもひどくなり飲み忘れることもよくあるのではないでしょうか。薬の飲み忘れがないようにいくつか紹介します。
まずは、病院や薬局でもらった薬の袋に大きく目立つように、薬を服用する時間と1回分の薬の服用量を書いておきます。そして、薬を飲むたびにメモ帳などに書き留める習慣をつけていきます。
たとえばチェック表を作り、目立つところに貼っておき薬を服用するたびに○印など書いていきます。チェック表はカレンダーなど使うと便利です。
そのほかの飲み忘れないように、病院や薬局でもらった数日分の薬を持ち帰ったらすぐに1回分や1日分の服用量に分けてまとめたり、小さく仕切った箱などに入れて保管する方法もあります。
最近では、薬専用の小箱なども薬局や薬店、スーパーなどでも販売していますので探して購入するのもいいでしょう。
病院でもらった薬を、記録と服用分に分けることで薬の飲み忘れは大幅に防ぐことができるでしょう。また、家族の人に飲み忘れがないようにチェックを協力してもうらうことも薬の飲み忘れを防ぐことができます。
もしうっかり飲み忘れても、決められた服用時間からあまり時間が経っていなければ1回分服用してもかまいません。しかし、かなり時間が経過していれば1回分の薬を飲むのをやめるか、前の分の薬を飲んで次の服用時間をずらす方法もあります。ただし、服用時間をずらす場合には、薬の種類によってはできないことも考えられるので、医師や薬剤師に確認しておきましょう。


高齢者と薬−コンテンツ一覧−

高齢者の薬の飲ませ方 高齢者が上手に薬を飲む方法 高齢者に出やすい副作用 高齢者が注意する薬 坐薬でショック症状 睡眠薬とボケ 薬の飲み忘れ 


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.