治療薬〜妊娠・ビタミンAで胎児に影響

薬の飲み方・使い方

治療薬/妊婦/ビタミンA/胎児/影響

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>ビタミンAで胎児に影響

ビタミンAで胎児に影響


ビタミンAを妊娠中に摂取しすぎると、胎児影響がでることが指摘されており、妊婦や妊娠を希望する女性を対象に厚生労働省では、ビタミンAの過剰摂取をしないように注意を呼びかけています。
動物実験によってビタミンAには、以前から催奇形性があることがわかっていましたが、人体への影響が最近になって詳しくわかるようになってきました。
イギリスの学術誌によると、1日のビタミンAの摂取量が5,000IUの妊婦と、1日1万IU以上を継続して摂取していた妊婦のほうが、奇形児や出産異常が高かったといいます。
1日のビタミンAの摂取量は、一般的に1,800IUで上限摂取量は5,000IUとされています。ビタミンAを多く含む食品には、レバーやうなぎ、牛肉、豚肉、鶏肉などの動物性食品です。ふつうの食事で食べる程度であれば問題ありませんが、これらの食事に偏って大量に食べないように気をつけましょう。緑黄色野菜などに含まれるプロビタミンAのβカロテンを大量に摂取しても催奇形性の報告はないので安心して食べられます。
過剰摂取が起こる場合は、ビタミンA製剤やサプリメントなどを使っている場合で、1回の使用量でどれだけのビタミンAが含まれているのかよく確認する必要があります。それに加え、日頃の食事でもビタミンAを含む食品の気をつけるようにしましょう。


妊娠・妊婦と薬−コンテンツ一覧−

妊娠中のかぜ薬 妊娠中の解熱鎮痛薬 妊娠中の塗り薬 妊娠と抗炎症薬 妊娠中に胃潰瘍の薬で流産の危険性 漢方薬と妊婦 授乳期の薬 ビタミンAで胎児に影響 妊娠中の栄養補助薬 ピルと避妊 ピルの飲み方 ピルの副作用 ピルを飲み続けたら妊娠できない?


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.