治療薬〜妊婦・妊娠中の塗り薬

薬の飲み方・使い方

治療薬//妊婦/妊娠中/塗り薬/ぬり薬

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>妊娠中の塗り薬

妊娠中の塗り薬


妊娠中の飲み薬は心配になりますが、塗り薬貼り薬であれば大丈夫だと安心している人も多いのではないでしょうか。皮膚に塗ったり貼ったりするだけで、お腹の赤ちゃんに薬の成分が届くとは考えにくく、多くの場合問題はありません。しかし、薬の説明に「妊娠中または妊娠の可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ投与する」などと記載された薬は使わないようにしたほうがよいでしょう。
また、妊娠中は肌が敏感になっていることが多いので、いつも問題なく使えている塗り薬でもかぶれたりカユミが出たりすることがあるので注意しましょう。
妊娠中に注意する薬で、妊婦や胎児への影響 【薬の?がわかる本】
角化症治療薬〜催奇形性
抗真菌薬〜流産・催奇形性
テトラサイクリン系抗生物質〜骨や歯の発育阻害・色素沈着
アミノグルコシド系抗生物質〜脳神経障害
クロラムフェニコール系抗生物質〜流産・早産・灰白症候群
サウファ剤〜催奇形性・高ビリルビン血症
抗マラリア薬〜流産・早産・催奇形性
男性ホルモン剤〜女性胎児の男性化
非ステロイド系エストロゲン〜女児の成長後膣がん発生
抗甲状腺薬〜甲状腺腫・甲状腺機能低下
抗血栓薬〜催奇形性・胎児死亡・分娩時の異常出血
アンジオテンシン変換酵素阻害薬〜羊水過小症・胎児の発育障害・胎児の死亡・低血圧
抗躁薬〜心臓奇形
ベンゾジアゼピン系製剤〜催奇形性・筋緊張低下・神経過敏・ふるえ・黄疸


妊娠・妊婦と薬−コンテンツ一覧−

妊娠中のかぜ薬 妊娠中の解熱鎮痛薬 妊娠中の塗り薬 妊娠と抗炎症薬 妊娠中に胃潰瘍の薬で流産の危険性 漢方薬と妊婦 授乳期の薬 ビタミンAで胎児に影響 妊娠中の栄養補助薬 ピルと避妊 ピルの飲み方 ピルの副作用 ピルを飲み続けたら妊娠できない?


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.