治療薬〜妊娠・ピルと避妊

薬の飲み方・使い方

治療薬/妊婦/妊娠中/ピル/避妊

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>ピルと避妊

ピルと避妊


女性は平均28日くらいのサイクルで、排卵・月経を繰り返す性周期をもっています。排卵後は黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌されますが、妊娠が成立するとプロゲステロンは引き続き多くなり次の排卵は起こらなくなります。このホルモンは妊娠中にも多くなります。
そこで妊娠しているときと同じようなホルモン状態にするために、人為的にプロゲステロンを摂取して排卵が起こらないようにします。妊娠していなくても体は妊娠した状態と同じなので、性交をしても妊娠しないというのがピルの基本的な原理です。
このようにプロゲステロンだけのピルもありますが、現在日本で多く使われているピルは、黄体ホルモンのプロゲステロン様作用を示すプロゲストーゲンと卵胞ホルモンのエストロゲンが配合されています。2種類を配合することで同じ量でも効き目をつよくするためです。また、エストロゲンには服用中の不正性器出血を防ぐ効果もあります。
ピルを飲み始めるのは、月経の1日目から同じ時間に毎日忘れずに飲んでいれば、避妊の効果は高くなります。人によってはピルを飲むことでホルモンバランスが不安定になり、失敗することもありますが、1周期をすぎると避妊できる確立も高くなります。
日曜日から飲み始めるサンデースタートというのがありますが、最終月経から日数経っていると排卵していて妊娠することもあるので、コンドームを併用したほうが安全です。


妊娠・妊婦と薬−コンテンツ一覧−

妊娠中のかぜ薬 妊娠中の解熱鎮痛薬 妊娠中の塗り薬 妊娠と抗炎症薬 妊娠中に胃潰瘍の薬で流産の危険性 漢方薬と妊婦 授乳期の薬 ビタミンAで胎児に影響 妊娠中の栄養補助薬 ピルと避妊 ピルの飲み方 ピルの副作用 ピルを飲み続けたら妊娠できない?


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.