治療薬の豆知識〜ローション・クリーム・軟膏の使い分け

薬の飲み方・使い方

治療薬/豆知識/ローション/クリーム/軟膏/使い分け

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>ローション・クリーム・軟膏の使い分け

ローション・クリーム・軟膏の使い分け


軟膏クリームローションなどの外用薬は、湿疹や虫刺され、火傷や水虫など様々な症状で使うことが多くあります。しかし、その軟膏やクリームの外用薬を選ぶ場合に気をつけることがあります。薬効成分は当然ですが、薬効成分とともに剤形の違いがあります。
外用薬の剤形には大きく分けて、粘度高い順から軟膏、クリーム、ローションの3つの剤形があります。薬によっては、同じ製剤であっても皮膚の症状に合わせて使い分けられるように複数の外用薬が用意されています。症状によって外用薬の種類を選び方を間違えると、治るどころか反対に症状が悪化する可能性もありますので注意が必要です。
ローションの使い方は、毛の生えている頭部などに使います。クリームは皮膚がカサカサ乾燥しているところや、汗が多く出る部位に適しています。どちらのタイプも皮膚の奥深くまで吸収されやすいというメリットがあります。
皮膚に傷があったり、ただれていたり、水疱が破れてジクジクしている場合には、これらの薬を使うと逆効果になります。
クリームには、薬と油を混ぜ合わせるために乳化剤が入っています。この乳化剤が症状を悪化させることがあります。また、ローションにはアルコールが含まれていますので、傷があるところやただれたところに塗ると強い刺激がありますので、刺激の少ない軟膏が適しています。軟膏は水をはじきやすいので、濡れやすい手などに塗ると便利です。
自分でどのタイプを使ったらよいのかわからないときには、軟膏を選べはそんなに問題が起こることはありません。


治療薬の豆知識−コンテンツ一覧−

薬の商品名と製剤名 鎮痛薬が抗血栓薬になる 効き目が違うアスピリン 錠剤と粉薬 錠剤の大きさの基準 トローチの穴 飲み込めない錠剤 10rと100rの錠剤 治療薬二トログリセリン DDS(ドラッグ・デリバリー・システム) 薬の符号・認識コード 徐放剤のメリット 徐放剤の種類と特徴 狭心症の貼り薬 宇宙飛行士の貼り薬 がんの痛み止めに貼り薬 パップ剤とテープ剤 座薬・坐薬 チョコレートと座薬(坐薬) 鼻炎だけではない点鼻薬の利用法 耳垢ごっそり点耳薬 ローション・クリーム・軟膏の使い分け プレス・スルー・パッケージ(PTP)


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.