市販薬の豆知識〜スイッチOTC

薬の飲み方・使い方

市販薬/豆知識/スイッチOTC

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>スイッチOTC

スイッチOTC


医師の処方せんがなければ使えなかった医療用医薬品が、薬局や薬店で誰でも買える市販薬として販売されることがあります。このように病院でしか処方されなかった薬が市販薬になった薬をスイッチOTCといいます。
OTCとは、オーバー・ザ・カウンターの略でカウンター越しという意味です。この言葉には、カウンターの中にいる薬剤師がお客の相談を受けて薬を選んだり、薬の使い方をアドバイスして販売するという意味が含まれています。つまり薬局や薬店で売られる薬のことです。
スイッチOTCにはいくつかの条件があります。
1つめは、薬の副作用が少なくこれまでの副作用の症状も穏やかなこと。
2つめは、使う薬の効果が自分で病気や症状が判断しやすいもの。
3つめは、一般の人でも使用方法などわかりやすいもの。
4つめは、ほかの薬と相互作用が起こらないもの。

などといった点が条件になります。
安全性が比較的高いといっても、医師の処方が必要な薬だったので一般の市販薬よりも効果は強いので副作用の危険性も高くなっています。そのため製薬会社は、3年間は薬の追跡調査をよう義務付けられています。
市販薬には複数の成分が含まれていますが、スイッチOTCにはひとつの成分しか含まれていないことも多くあります。
スイッチOTCには、よく耳にする非ステロイドのイブプロフェンやインドメタシン、消化性潰瘍治療薬のスクラルファート、止血の働きがあるトラネキサム酸、消炎酵素材の塩化リゾチーム、止瀉薬の塩酸ロペラミドなどがあります。


市販薬の豆知識−コンテンツ一覧−

処方薬と市販薬 市販薬の効き目 スイッチOTC 薬局と薬店の違い 処方せんの有効期間 バイアグラを買える薬局? 医薬品と医薬部外品の違い 栄養ドリンクの違い 処方薬を常用・市販薬は使っても大丈夫? 胃の具合が悪い時は胃腸薬 市販薬も薬剤師に相談 かかりつけ薬局 赤チンはどこへ? 薬の使用説明書


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.