市販薬の豆知識〜処方薬と市販薬

薬の飲み方・使い方

市販薬/豆知識/処方薬

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>処方薬と市販薬

処方薬と市販薬


処方薬は、病院で診察を受けたときに医師の指示で出される薬のことで医療用医薬品ともいわれています。一方市販薬は、薬局や薬店で誰でも簡単に買うことにできる薬で一般医薬品、大衆薬と呼ばれています。
処方薬の第一条件は、病気に効果があることです。それと副作用についても十分な配慮が行われることです。医師の管理下で使う薬は副作用のリスクよりも、効き目が優先されて使われることも多くあります。
しかし、市販薬は薬の効き目よりも安全性を優先させています。医師が処方する薬は、患者の症状や体調に合わせて薬を選びますが、市販薬は症状や体調がわからない多くの人に使われるので副作用が大きく、使い方を慎重にしなければならない成分は市販薬としては認められません。
また、医師が処方薬はひとつの薬に1種類の成分しか含まれおらず、風邪であれば解熱薬や鎮咳薬など症状に合わせた薬を選んで処方するためいくつもの薬が用意されます。しかし、市販薬は自分で薬を選んで使うため発熱や咳、頭痛や喉の痛みなど様々な症状をひとつの薬で対応できるように総合感冒薬としてつくられています。
もうひとつ処方薬と市販薬の違いに有効成分量があります。処方薬の場合は、国が定めた範囲内であれば医師の裁量に任せれ成分や量は決めることができます。一方市販薬の場合は、成分の種類や量、成分の組み合わせなど細かく決められています。
市販薬の使い方として、病気の治療に使うというよりも症状を改善するために使うものと認識するといいでしょう。風邪や食べ過ぎによる胃もたれなど自分で原因がわかっている場合に市販薬は適しています。また、根本的に治療はできないので症状が消えれば使うのはやめましょう。


市販薬の豆知識−コンテンツ一覧−

処方薬と市販薬 市販薬の効き目 スイッチOTC 薬局と薬店の違い 処方せんの有効期間 バイアグラを買える薬局? 医薬品と医薬部外品の違い 栄養ドリンクの違い 処方薬を常用・市販薬は使っても大丈夫? 胃の具合が悪い時は胃腸薬 市販薬も薬剤師に相談 かかりつけ薬局 赤チンはどこへ? 薬の使用説明書


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.