市販薬の豆知識〜薬局と薬店の違い

薬の飲み方・使い方

市販薬/豆知識/薬局/薬店/違い

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>薬局と薬店の違い

薬局と薬店の違い


以前は病院で診察を受けると、病院内の薬局か受付で薬をもらっていましたが、最近では診察を受けたあとに、受付で薬ではなく医師が薬の種類や量を記載した処方せんをもらいます。そして、その処方せんを持って病院の外にある薬局で薬を受け取るようになってきました。この診察を受ける病院と薬を受け取る薬局に分かれていることを医療分業といいます。
処方には2通りあって、病院などの医療機関の中で薬が出る場合は院内処方といい、病院が処方せんを発行して病院外の薬局で薬が出ることを院外処方といいます。
薬局は、薬剤師が常駐しており調剤室があるところでなければ薬局とは名乗ることができません。処方せんに基づいて薬を処方できる医療医薬品を扱え一般医薬品の販売もできるのが薬局です。
一方薬店は、常駐薬剤師と調剤室の条件を満たさずに医薬品を販売するお店です。そのため、薬局という店名はつけることができないので、○○薬店や薬の○○という店名にしているところが多くあります。
薬店は4つに分類することができます。
一般販売業
常駐の薬剤師はいませんが一般医薬品はすべて販売できます。
薬種商販売業
薬種商試験に合格した人が設置し一定の制限のもとで医療医薬品も取り扱えます。
特例販売業
薬剤師はいませんが医薬品を扱う店のない地域に知事が指定した医薬品のみを扱うことができます。
配置薬販売業
知事が指定した医薬品のみを扱います。家庭の置き薬として有名です。
英語で薬局はファーマシー、薬店はドラッグストアーといいますが、アメリカのドラッグストアーは薬だけではなく、健康食品や化粧品など生鮮食料品以外の商品を一手に扱う大型小売店の総称です。


市販薬の豆知識−コンテンツ一覧−

処方薬と市販薬 市販薬の効き目 スイッチOTC 薬局と薬店の違い 処方せんの有効期間 バイアグラを買える薬局? 医薬品と医薬部外品の違い 栄養ドリンクの違い 処方薬を常用・市販薬は使っても大丈夫? 胃の具合が悪い時は胃腸薬 市販薬も薬剤師に相談 かかりつけ薬局 赤チンはどこへ? 薬の使用説明書


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.