新薬の豆知識〜バイアグラの誕生

薬の飲み方・使い方

新薬/豆知識/バイアグラ/誕生

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>バイアグラの誕生

バイアグラの誕生


新薬の開発には偶然はつきもので、ある病気の薬として開発していてもまったく違う効果をを発揮し、新しい新薬として誕生することがあります。そのひとつにバイアグラがあります。
男子の勃起障害EDの救世主として誕生したバイアグラは、狭心症治療薬の開発から誕生しました。
体内には血流を高めるために血管を拡張するサイクリックGMPという物質と、その働きを抑えるホスホジエステラーゼ(PDE)という物質で血管の状態のバランスを保つ働きをしています。
バイアグラには、ホスホジエステラーゼ(PDE)の働きを抑える作用があるので、血管を拡張する働きを抑えるホスホジエステラーゼ(PDE)の作用を抑制すれば、心臓の血流が悪くなる病気の狭心症には効果があると思われました。
臨床試験中にバイアグラを投与された男性患者の多くが、性器への血流が高くなり勃起するという減少が起こりました。そこから方針が変わり、狭心症の治療薬からED治療薬となりました。
このような働きを持つ薬なので、狭心症や心筋梗塞の治療薬ニトログリセリンや硝酸薬、一酸化窒素供与薬などとバイアグラを併用することは禁止されています。これらの薬は、血圧を下げる薬なのでバイアグラと併用すると急激に血圧が下がり、死にいたることもあるので注意する必要があります。


新薬の豆知識−コンテンツ一覧−

新薬の開発 新薬の動物実験 新薬の臨床試験 治験の薬代と副作用の補償 バイアグラの誕生 


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.