新薬の豆知識〜治験の薬代と副作用の補償

薬の飲み方・使い方

新薬/豆知識/治験/薬代/副作用/補償

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>治験の薬代と副作用の補償

治験の薬代と副作用の補償


治験に参加したときの薬代は、製薬会社が負担し効果や作用を調べるための検査にかかる費用も製薬会社が負担するので、治験参加者が支払う薬代はありません。しかし、初診料や再診療は治験参加者負担になることがありますが、特定療養費制度によって治験の費用は適用されますので、一般的な治療よりも金額は少なくなります。
そのほか治験参加者が負担するもには、通院のための交通費や治験とは関係のない治療費などは本人負担になります。
治験薬の服用中に体調の変化が起きた場合は、副作用の可能性も考えられますので慎重に対処する必要があります。
製薬会社から臨床試験の依頼を受ける医療機関は、医師やスタッフは治験に必要な知識と技術を持っており、検査設備などもしっかりと揃えられています。また、動物実験での安全性についても詳しく研究がされています。
しかし、動物実験で安全性が確かめられていても、患者には病状や体調、体質など様々なので思いもよらない副作用があらわれることも十分に考えられます。そういう場合には、当然適切な治療が受けられますし、補償についても一部受けられることもあります。
治験中の患者に、健康被害が何らかの形であらわれて治験と因果関係があれば、治療費や検査をする場合にかかる費用は製薬会社が負担するとされています。ただし、医師の服用指導を守らずに十分勝手な行動で副作用があらわれても補償されることはありません。


新薬の豆知識−コンテンツ一覧−

新薬の開発 新薬の動物実験 新薬の臨床試験 治験の薬代と副作用の補償 バイアグラの誕生 


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.