新薬の豆知識〜新薬の開発

薬の飲み方・使い方

新薬/豆知識/開発

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>新薬の開発

新薬の開発


新薬開発するために最初にすることは、どの病気の薬をつくるのか決めることから始めます。まず、いろいろな化合物や天然物を組織や疾患細胞に無差別に作用させ、効果があるのかどうか試していくランダムスクリーニングを行っていきます。その段階で効果のある物質を見つけたら、どのような病気にどう効果があるもか可能性を探ります。これが第一次スクリーニングです。
第二次スクリーニングは、新薬として使えそうと判断できれば更に詳しく薬効や毒性など動物実験で研究されます。
第二次スクリーニングで、よい結果がでれば人を対象にした治験といわれる臨床試験が行われます。しかし、使えそうもないと判断されれば開発は中止になります。有効性と安全性が治験で確認できれば、厚生労働省に申請し審査を受けて承認されれば発売されることになります。
スクリーニングによって期待のできる物質が見つかる確立は0,1%以下で、その物質から新薬として使える物質を見つける確立は5%以下になります。また、スクリーニングから見つけた物質が新薬として開発されるまでの期間は、少なくても10〜20年かかるといわれています。その開発費用も膨大で、機械化などによってコスト削減をしたとしても200〜300億円以上の費用がかかるといわれています。


新薬の豆知識−コンテンツ一覧−

新薬の開発 新薬の動物実験 新薬の臨床試験 治験の薬代と副作用の補償 バイアグラの誕生 


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.