治療薬/病気別〜パーキンソン病の治療薬

薬の飲み方・使い方

治療薬/病気別/パーキンソン病

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>パーキンソン病の治療薬

パーキンソン病の治療薬


パーキンソン病治療薬には、効き目の違いから患者の症状にあわせて薬を組み合わせて投与されます。パーキンソン病の治療は内科的な薬物治療が第一に行われ、運動機能が低下しないようにリハビリテーションも一緒に行われます。
パーキンソン病の治療薬〜ドーパミン補充薬
脳内に不足しているドーパミンを補い症状を緩和します。
ドパストン、ドパゾール、ネオドパストン、メネシット
パーキンソン病の治療薬〜ドーパミン受容体刺激薬
ドーパミンと似たような働きをし、ドーパミン受容体を刺激します。
カバサール、パーロデル、ペルマックス
パーキンソン病の治療薬〜ドーパミン放出促進薬
振るえなどに効果があり、ドーパミンの放出を促す働きがあるとされています。
シンメトル
パーキンソン病の治療薬〜抗コリン薬
アセチルコリンの働きを抑制しドーパミンとのバランスをとります。そのほか運動障害にも効果があります。
アーテン、アキネトン、パーキン
パーキンソン病の治療薬〜ノルアドレナリン補充薬
パーキンソン病が進行するとノルアドレナリンが減少するので、ノルアドレナリンを補います。
ドプス
パーキンソン病の治療薬〜MAO−B阻害薬
脳内でドーパミンの分解を妨げて効果時間を長くします。
エフピー

これらパーキンソン病の治療薬で症状は改善されますが、残念ですが変性した神経細胞を元に戻すことはできません。
注意することは、降圧薬、抗精神病薬、胃腸薬、制吐薬などには症状を悪化させる成分が含まれているものがありますので、医師にパーキンソン病であることを伝えパーキンソン病の治療薬を処方してもらいましょう。 


病気別〜薬の効果・使い方−コンテンツ一覧−

感染症の薬 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 便秘 花粉症 不眠症 糖尿病 高血圧 高脂血症 狭心症・心筋梗塞 不整脈 肝炎 気管支ぜんそく(喘息) 骨粗鬆症(骨粗しょう症) 慢性関節リウマチ 痛風 貧血  前立腺肥大症 アトピー性皮膚炎 水虫 パーキンソン病


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.