治療薬/病気別〜糖尿病の治療薬

薬の飲み方・使い方

治療薬/病気別/糖尿病

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>糖尿病の治療薬

糖尿病の治療薬


糖尿病治療には、食事療法、運動療法、薬物療法の3つが基本になり、薬物療法の場合は患者の症状にあわせた治療薬がつかわれます。
経口血糖降下剤
スルホニル尿素剤(SU剤)
膵臓のランゲルハンス島β細胞を刺激して、インスリンの分泌を促す薬です。また、肝臓での糖の放出を抑え筋肉への糖の取り込みを促す薬もあります。
ビグアナイド剤(BG剤)
肝臓での糖の放出を抑え、筋肉への取り込みを促す薬です。
α-グルコシダーゼ阻害薬
食事前に飲む薬で、2種類の酵素を阻害することで糖の吸収を遅らせ、食後の血糖値の上昇を抑えインスリンの需要を低下させる薬です。
インスリン抵抗性改善薬
インスリンの働きを筋肉や肝臓で補強し血糖値を下げる薬です。
速効型食後血糖降下剤
食事の直前に服用し、膵臓のランゲルハンス島β細胞を刺激してインスリンの分泌を促し血糖値の上昇を抑える薬です。
インスリン注射薬
インスリン注射薬には、超速効型、速攻型、中間型、持続型、持効型があり患者の状態を確認して1日の注射の回数、注射をする時刻、注射量を決めています。
ペンフィル、ヒューマカート、ランタスなどがあります。

薬物療法は、食事療法や運動療法と一緒にすることで効果を発揮しますので、薬を飲んでいるからといって安心せずに食事療法と運動療法もきちんと行いましょう。
糖尿病の治療薬を使っていると、低血糖を起こす場合がありますが、糖尿病の治療薬を飲み始める前には必ず、主治医より低血糖になったときの注意を受けてください。異常な強い空腹感や冷や汗、めまいがあった場合には10g程度の砂糖を飲んで対処します。
このような症状が出た場合は必ず担当の医師に報告してください。


病気別〜薬の効果・使い方−コンテンツ一覧−

感染症の薬 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 便秘 花粉症 不眠症 糖尿病 高血圧 高脂血症 狭心症・心筋梗塞 不整脈 肝炎 気管支ぜんそく(喘息) 骨粗鬆症(骨粗しょう症) 慢性関節リウマチ 痛風 貧血  前立腺肥大症 アトピー性皮膚炎 水虫 パーキンソン病


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.