治療薬/サプリメント〜ビタミン剤の効果・ビタミン水溶性

薬の飲み方・使い方

治療薬/サプリメント/ビタミン剤の効果〜ビタミン水溶性

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>ビタミン剤の効果〜ビタミン水溶性

ビタミン剤の効果〜ビタミン水溶性


ビタミン剤の効果はいろいろありますが、取りすぎると体にたまり悪い影響が出ることもありますので、ビタミン剤の効果だけに注目するのではなくビタミン剤のことをよく知ってください。
ビタミンは、炭水化物、たんぱく質、脂肪の3大栄養素がエネルギーとして使われるための大切な役割をしていますので、私たち人間にとってビタミンは必要不可欠な物質です。
ビタミンには多くの種類がありますが大きくわけると、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けることができます。水溶性ビタミンは多く摂取しても、体に必要以上摂取していいれば尿として体外に排出されます。反対に脂溶性ビタミンは過剰に摂取しても排出されることなく体内に蓄積されていき過剰症を引き起こすことがありますので注意しましょう。
ビタミン剤の効果〜水溶性ビタミン
・ビタミンB1
ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるためのビタミンで、肉体疲労や病中病後の体力が消耗しているとき、神経痛などの場合に使われます。ビタミンB1が欠乏すると脚気になります。
アリナミン、アリナミンF、ノイビタ
・ビタミンB2
ビタミンB2は、糖質、たんぱく質、脂質の代謝に重要な働きをしており、体内のあらゆる組織に存在しています。口内炎や口角炎、角膜炎、湿疹などの皮膚病に使われます。
フラビタン、ハイボン
・ビタミンB6
ビタミンB6は、糖質、たんぱく質、脂質の代謝に重要な働きをしています。口内炎や口角炎、湿疹、末梢の神経炎などに使われ、抗リウマチ薬や結核の薬として使われることもあります。
ピドキサール、ピロミジン、アデロキシン
・ビタミンB12
ビタミンB12は貧血や手足のしびれ、痛み、筋力の低下などの末梢の神経障害、眼精疲労などに使われます。ビタミンB12が欠乏すると悪性貧血を引き起こすこともあります。
メチコバール、カロマイドMe、コバメチン、フレスミンS、ドセラン、レヂゾール
・ニコチン酸
口内炎や循環障害、ぺラグラといわれる皮膚病に使われます。
ナイクリン
・パントテン酸
血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させるために使われます。
パルカン、パントテン酸カルシウム、パントール、パントシン
・葉酸
貧血のときに使われ、腸内細菌でもつくられます。
フォリアミン


薬とサプリメント−コンテンツ一覧−

ビタミン剤の効果〜ビタミン水溶性 ビタミン剤の効果〜ビタミン脂溶性 栄養ドリンクの飲み方 カルシウム・マグネシウム 鉄・亜鉛 食物繊維・キトサン アミノ酸・コラーゲン・乳酸菌 DHA(ドコサヘキエン酸)・IPA(EPA、イコサペンタエン酸) クロレラ・ビール酵母 プロポリス・アガリスク ウコン・青汁・ローヤルゼリー 大豆イソフラボン・イチョウ葉エキス


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.