治療薬/サプリメント〜カルシウム・マグネシウム

薬の飲み方・使い方

治療薬/サプリメント/カルシウム/マグネシウム

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>カルシウム・マグネシウム

サプリメント〜カルシウム・マグネシウム


カルシウムサプリメント1日の摂取量の目安
600mg 上限2500mg
ミネラルのひとつカルシウムは骨や歯のもとになっています。また、筋肉の収縮をコントロールしたりアレルギー反応にも関与しています。
カルシウムが不足すると骨粗しょう症の原因になり、骨折しやすくなったり骨の変形といった症状がおこってきます。また、イライラしたりするなど神経過敏にもなります。
カルシウムはビタミンDと一緒に摂取することで吸収がよくなります。
骨や歯の弱い人やストレスの多い人、成長期の子供や閉経後の女性などに適しています。

マグネシウムサプリメント1日の摂取量の目安
男性320mg 女性260mg 上限700mg
マグネシウムは体内にある酵素300種以上の働きを補っている大切なミネラルです。マグネシウムの多く含まれている食品は魚、豆、野菜で現代の日本人には不足がちなミネラルになっています。筋肉の収縮に関与しているマグネシウムが不足することで、震えや痙攣を引き起こすことがあります。
そのほかに、脳や神経の伝達情報にも関わっていますので、マグネシウムが不足するとイライラしたり興奮しやすくなることがあります。
マグネシウムの効果を引き出すには、カルシウムを一緒に摂取しカルシウム:マグネシウムの摂取量を2:1のバランスにすることです。
お酒をよく飲む人やストレスの多い人、手足がしびれたり足がよくつる人、カルシウムが不足している人の適しています。


薬とサプリメント−コンテンツ一覧−

ビタミン剤の効果〜ビタミン水溶性 ビタミン剤の効果〜ビタミン脂溶性 栄養ドリンクの飲み方 カルシウム・マグネシウム 鉄・亜鉛 食物繊維・キトサン アミノ酸・コラーゲン・乳酸菌 DHA(ドコサヘキエン酸)・IPA(EPA、イコサペンタエン酸) クロレラ・ビール酵母 プロポリス・アガリスク ウコン・青汁・ローヤルゼリー 大豆イソフラボン・イチョウ葉エキス


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.